パンデミック・ペイン -感染性人口的疫病疼痛-

カテゴリ: 洋ゲー未分類
 2016//27





前回は「猿インフルエンザ」をクリアし、残るは「ネクロアウィルス」だけとなった。
これをクリアすればいよいよ以てチートモードが開放され、人類殲滅システムが助長される事となる。
そうなればより多くの血は流れ、人はその身に憎しみの芽を育てる。
芽吹いた憎悪は肥大化し、そして滅ぶ。人は、滅ぶべくしてな!
人が数多持つ予言の日だ!最早止める術は無い!
地は焼かれ、涙と悲鳴は新たなる争いの狼煙となる!


フフフッwハハハハッwwwハァーッハッハッハッハッハッハwwwwwwwwwあばばばwwっわばばああああわwwwwゲホッゲホ!!うぇ::






*画像を左クリックで拡大表示します*


猿インフルエンザに続き、ネクロアウィルスもまたかなり特殊だったりする。
そもそもネクロアウィルスのコンセプトはバイオハザードのそれなので、況やゾンビが主体となる。

ウイルスに感染した人間はゾンビ化し、非感染者をゾンビに襲わせることで更に感染が拡大していく。
病原体は勿論の事、ゾンビの脅威による感染の拡大も加わるので感染の広がりは早い。
ゾンビ化した人間はCureを以てしても治療できないので、如何にしてゾンビの拡大を図るかがポイントだ。
勝利条件は「全人類を死滅させる」と「全人類をゾンビ化させる」の二つなので、攻略は然程難解ではない。
つまり、従来通り病原体として人類を終わらせるか、あるいはゾンビ化させて人類を終わらせるかの二択だ。
従来通りだと芸がないので、ここは後者でいくことに。

ちなみに病原体の由来は知る人ぞ知る、あのGウイルスだ。



*画像を左クリックで拡大表示します*


他の病原体とは違って、空気や水の他にも血液と唾液という感染経路があるので感染力は上げやすい。
その一方で、ゾンビは時間経過で朽ちるという難点を持つ。



*画像を左クリックで拡大表示します*


固有能力の「自己分解鈍化」やら「再生有効化」で多少は生き長らえられるので色々工夫したい。
そして右下のプレビューに注目していただきたい、脳に異変が生じ始めてるのが確認できるな。
しかしまだ人間には見える。



*画像を左クリックで拡大表示します*


しかし「細胞変性蘇生」を習得するとあら不思議、ゾンビにHENTAI
万一断っておくが、決して変態ではない。変体だ。
プレビューだと脳全体が真っ赤かになり、目が虚ろになっているな。なんだ、うつ病か?
あと鼻が微かに低くなってるなぁ。あら奥さん、ハンプ切除でもしたの?
口をそんな半開きにしてどうしたんだ…って食らう気満々じゃねーか!



*画像を左クリックで拡大表示します*


こうしてゾンビが誕生したわけだが、見す見すやられて黙ってられないのが人間だ。
一定時間が経過した後に対抗策として、ZCOMと呼ばれる対ゾンビ特殊部隊が配備される。
バイオハザードシリーズで言うところのB.S.A.A.だ。
ゾンビゲーはもう食傷気味なんだよ!とばかりにゾンビが次々と排除されてゆく。
見す見すやられて黙ってられないのが俺なので、指示でZCOM本部をゾンビ部隊に襲撃させる。
DNAポイントを使えば、「集団心理」やら「運動制御強化」やら「自爆作用」の能力でゾンビを戦闘強化することが出来る。というかゾンビプレイなら是非すべきだ。
戦闘向けの能力を全て取得すれば、ZCOM本部は数秒ともしないうちにゾンビの手に落ちる。
打つ手も成す術もなくなかった人間達は、ただの餌とばかりにゾンビの群れに貪り尽くされ…

やがて…



*画像を左クリックで拡大表示します*


世界は空虚になった。
全人類がゾンビと化し、ゾンビの群れが全て腐朽した果てには何も残らない世界となった。
生物が、生きとし生ける物が一切存在しない、そんな世界に。
これが人類殲滅システムの神髄であり、無意識が望んだ世界。

ずっと昔から変わらなかった歴史の殻へと楔打ち込むから
your new word この感覚が遮断されても聞こえるよ
our new world その世界へと僕らはこれから旅立つ



*画像を左クリックで拡大表示します*


先述した猿インフルエンザやら「脳食い虫」と同様、色々特殊であるためネクロアウィルスも楽しかった。
個人的にこの3つが一番面白いな。
病原体はこれで一通り網羅したが、遺伝コードの開放がまだ残ってるうえにシナリオモードは一切手付かずだ。
このゲーム、本当にやる事が尽きないな。












時間泥棒か。

関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 PCゲー 洋ゲー PlagueInc.Evolved

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します