【Magic Latale】MAD-NUG

カテゴリ: Magic LaTale
 2017//21





「ここまで来た、その気持ちが揺らがぬ自信はあるか。マイスターが背負っているものは重いぞ。共に行くには、この世界の重みを受ける覚悟がいる。それでも……」




俺「自信とか覚悟なんて、ない。おれはラテールに必要とされたいだけなんです」




「ならば、これを持って行け……」




「これでもう、こいつはお前の言うことしか聞かん。お前を相応しい乗り手と判断すれば、MGは無二の力を与える」




「イリスは……このtkmkにお前を取り込ませたくないと、私の前から……」




「恨むだろう、イリス。そしてお前も……だが行け。恐れるな。自分の中の可能性を信じて、力を尽くせば……道は自ずと拓ける」




俺「そんな……いまさら勝手ですよ」




「赦してほしい……お前とはもっと……もっと……」




「メル…… (私の、望みは……叶ったよ……イリス……)」




俺「父さん――!」




俺「父さんって……おれ、今……おれの……」




俺「"私のたったひとつの望み"」




俺「"可能性の獣"」




俺「"希望の象徴……"」




俺「父さん、母さん、ごめん」




俺「おれは……」




俺「(転職しに)行くよ!」






というわけで、ラテールエミュ
いよいよもって、2次転職できるレベルに達したということで



転職の時だ。
ここが転職する場だが、なんだかあの日々を想起させるな。



目前のマンホールにダイブ!…というより落下。



本来は二択を迫られるが、エンジニアは転職できるジョブが1つしかないのでマイスターを選択。



転職完了。

ちなみに転職時のレベルが100だったので、スキルポイントが100pもある。
その実、レベル80でも転職できるのだが、張り切りすぎていつの間にやらレベル100になっていた。

マイスターとは、前身のエンジニアとは一転してMGと呼ばれるガンダムに乗って戦うやや特殊なジョブだ。
スキルと操作も二転三転する。
しかし、高火力かつタフなジョブであるゆえ、PTでもソロでも活躍の場は多し。
近代兵器と火器を用いて敵を一網打尽にするその様相は、まさしくガンダムだ。
装備できる武器もカバンからMGに取って代わる。
ちなみにMGの正式名称はマドナグ (MADNUG)であり、逆から読んでGUNDAMだ。







貴様はガンダムではない!

関連記事

タグ:トキメキファンタジーラテール ラテール Latale エミュ鯖 エミュ

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します