【PlayRO】古き良き転生なし旧仕様のROエミュ鯖をもとめて三千里

カテゴリ: 海外鯖未分類
 2017//08





転生なし旧仕様クラシック風ROから二日後、俺は同じコンセプトの鯖を血眼になって探し続けた。
ウボッウボボボボッガビビビビッと呻吟しながら、その様相はもはや狂人のようだ。
俺の検索能力がここぞと発揮したのか、或いは渇望が呼び水となったのか、前人未踏な鯖を探し当てた。





20170407101238.png


鯖名はPlayRO (公式サイト)

珍しいことにこの鯖は海外の大手エミュサーチであるRMSに掲載されてないのだ。
あの最大のエミュサーチに載ってないぐらいの鯖だから、小規模と思われがちだがそんなことはない。
アットウィキで安直にも済まそうとする国内のうつけどもとは違って、公式サイトを見るに運営陣のやる気と本気は十分だと見て取れる。如何せん、これなら活動放棄の心配もない。
RMSに載ってないため木目細かな仕様は分からないが、公式サイトのServer Info (上図)に一部公開されてる。


PlayRO 鯖仕様

鯖ジャンル クラシック鯖
経験値倍率 30倍/30倍
ドロップ倍率 15倍
カードドロップ倍率 300倍
ベースレベル上限 99
ジョブレベル上限 50
ステータス上限 99
最高ASPD 190


先のClassic ROよりも倍率は若干高め。
特筆すべきはカードのドロップ倍率の高さか。
ぶっちゃけ低倍率だろうが高倍率だろうが、カード集めが最も労力を伴う。
これぐらいのカードドロップ倍率ならば、経験値倍率が低めでもやってやれないことはない。
実装ジョブは二次職のみを筆頭に、スキルの仕様はPre-REとなっているようだ。
あまり聞き慣れない用語だが、REはリニューアルを指しており、Preは以前を意味する。つまり、R化前だ。
肝要の実装状況だが、クラシックの名に相応しいコモドパッチがベースの模様。
Classic ROは2004年のROをベースであるのに対し、どうやらこの鯖はそれより前。
だいぶ後にROを始めた身としては詳しくは知らんが、当時のコモドパッチは何かと波乱万丈だったようだ。
コモドパッチ 弱体化でググると当時のブログやらキモスレがヒットするのはその名残か。

逸る気持ちを抑えるようにして早速ログイン。






Classic ROと同様、この鯖もまたプロキシとやらがある。
相変わらず違いが分からんし、適当に一番上をセレクト。



この時の接続人数は247人。
Classic ROよりも少ないが、RMSに無掲載でこの数だ。上等すぎる。



キャラセレクト画面は旧式のものではなくまだ新しい方。



初心者修練所に生まれ落ちるや否や、新規に用意されたであろう箱を頂戴。



その傍らにいるNPCに話しかけたら必要最低限の消耗品も頂戴。
蝶の羽が配布されたということは、@goと@loadやらは未開放ということだろう。



教範とバブルガム、独自効果を有した頭装備のペコペコキャップも含まれる。



ちなみにMOBのHPゲージは表示されるようだ。
どうやらシステム周りは旧仕様ではないらしい。



職業適性検査で剣士を選び、伊豆のカプラ前に直行した。
すぐ隣のオリジナルNPCを伝い、キャンプとやらに飛ばしてもらうことに。

しかし、こんな辺鄙な伊豆に他のプレイヤーがいるとは…他ではとくに国内で見られない神妙な光景だ。



*画像を左クリックで拡大表示します*


ここがこの鯖の駐屯地か。何故かセーブはできない。



最低限のNPCしか揃ってないが、切望の転職NPCはちゃんといた。

う~ん、合格!w
何分、転職NPCの有無は許容範囲のボーダーラインだからな。
転職NPCが設けられてない鯖は申し訳ないがやるに値しない。



どうやらここで武器を配布してるようだ。
Startingっていうぐらいだから、その場しのぎの武器だろうな。
だが背に腹はかえられん。



片手剣やら両手剣もあったが、ここはランスをチョイス。
天下大将軍を狩るのに必要であるゆえな。
要求レベルは33なので装備はできないが、幸いにも転職適性で賜ったファルシオンがある。



況や、期限付き。
期限が切れたら消滅は確たるものだが、再度貰えるかは知る由もない。



とりあえず人気があるところに向かわねばな。



@goも@loadもないので移動手段はすべて徒歩。
面倒このうえないが、これが本来あるべきROだろう。



伊豆からプロにやって来たが、人っ子一人いねぇじゃねーか!






まったくどうなっていやがる。
俺が知らないだけで、プロよりも人の集まる首都があるとでも言うのか。



人様の溜まり場を踏み荒らす不届き者が闊歩してるようだ。
けしからん、どこのどいつだ。



そのままプロ騎士団に流れ着いた。
無論、ノーリーズンということはない。



俺が向かう先はここだ。
一次職時代の狩場といえばここ (プロ地下水路)しかあるまい。



開始早々ファミリアーカードを勝ち得た。
幸先、いいのか?これ。











関連記事

タグ:RO RagnarokOnline ラグナロクオンライン エミュ鯖 エミュ PlayRO 海外鯖

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します