【動画制作】ちっ、なめんじゃ……ありませんわ

カテゴリ: 動画制作
 2017//27





1週間以上振りの更新となるが、今回もGジェネOWのカスタムサントラ動画だ。
ここ最近は不定期更新が相次ぐが、動画制作の作業が一段落した後に記事にしているため、ペースは大体こんなものである。
動画制作からアップロードまでという作業は凡そ1・2週間ほど時間を要するゆえ、途切れ途切れになるのは已む無きことだ。
その実、今回の動画は1週間前には完成していたが、怠惰により先延ばしするばかりで中々更新に至らなかった。
今宵を以て、このブログでご覧に入れよう。聢と、刮目するがよい。






マリア姉さん以来となる、Gジェネのオリジナルキャラのカスサン動画だ。
今回は各所で圧倒的人気を誇る「フローレンス・キリシマ」が主役を張る。
一見どこぞの良家のお嬢様かと思われがちだが、あの特徴的な口調からして極道のお嬢様ではないかと言われているが、その真偽は定かではない、Gジェネオリキャラ屈指のネタキャラである。
極道相俟って、日本刀がよくお似合いで。鞭とか蝋燭とかも持たせたら似合うかもしれない (「女王様とお呼び」という台詞がある)

愛着ゆえか、今回の動画はいつにも増して時代背景とBGM選曲と搭乗機に捻出した。
時代背景はフローレンスお嬢様が搭乗する機体に合わせたが、これはちょっとした演出意図だ。
例えば、動画の始めはガンダムベルフェゴールを搭乗機としているが、この場合はガンダムXがメインのステージを選び、宇宙革命軍のMSとだけ交戦させた。
その真意は、旧地球連邦軍の所属機であるガンダムベルフェゴールを宇宙革命軍のMSと戦わせることで、原作である「機動新世紀ガンダムX~UNDER THE MOONLIGHT~」に準じるように演出を図ったというわけだ。
もっとも、これはマリア姉さんの動画でもやっていることで、俺的にはやはり原作の流れを汲み取りたい所存だ。

厳選したBGMは出来るだけフローレンスお嬢様を意識したものだが、本人よりも機体とマッチしている気がしないでもない。
例えばだ

スパロボOGSのBGM「VIOLENT BATTLE」→ガンダムベルフェゴール→ド派手な武装と合致
ベヨネッタのBGM「Red & Black」→クロスボーン・ガンダムX2改→機体の配色と合致
NO MORE HEROESのBGM「Pleather for Breakfast」→アストレイゴールドフレーム天ミナ→これは本人と合致か? (NO MORE HEROESのバッドガール的に)

無意識にやったこととはいえ、やはり機体寄りである。
フローレンスお嬢様の搭乗機体はガンダムベルフェゴール、クロスボーン・ガンダムX2改、アストレイゴールドフレーム天ミナだが、どれもゲテモノ感が半端ない (所謂ゲテモノガンダム)
しかしながら、イメージ的にフローレンスお嬢様は黒い機体がよく似合う (Gジェネだとガンダムベルフェゴールは黒ではないが、原作だと黒に近いカラーリングだ)

特筆 (備考)すべきところは

・クロスボーン・ガンダムX2改に搭乗していることから、フローレンスお嬢様は木星帝国の一員のはずだが、何故かカラス先生に攻撃されたことで敵対する (演出意図)
・アストレイゴールドフレーム天ミナに搭乗するフローレンスお嬢様は、地球連合軍の侵攻からオーブを守るべくキラとアスランと共闘している (種のオーブ解放作戦を想定)
・地球連合軍の悪の三兵器 (カラミティ、フォビドゥン、レイダー)の連携攻撃は無駄にかっこいい
・もう一人のGジェネオリキャラである「ネリィ・オルソン」とフローレンスお嬢様の連携攻撃はあら^~いいですわゾ^~
・フローレンスお嬢様はパイルバンカー (アストレイゴールドフレーム天ミナの武装オキツノカガミ)がよく似合う
・フローレンスお嬢様は鞭 (アストレイゴールドフレーム天ミナの武装マガノシラホコ)がよく似合う
・フローレンスお嬢様は鞭 (ガンダムエピオン(EW)武装ヒートロッド)がよく似合う
・フローレンスお嬢様ファンなら最後ら辺 (終了20秒前)が超必見。舐め回すように注眼するべし (わりとマジで)





・Gジェネ動画 再生リスト




・Gジェネで原作再現してみたシリーズ










関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 PSP SDガンダムGジェネレーションオーバーワールド SDガンダム Gジェネレーション オーバーワールド Gジェネオーバーワールド Gジェネ

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します