【Grand Fantasia IG】損傷率80%オーバー…この屈辱は二度と忘れんぞ!

カテゴリ: Grand Fantasia IgnitGames
 2017//17





グランドファンタジアはクエストゲーの代名詞であり、ラテールエミュとは違ってクエストを無視することはできない。
近年のMMOありき、NoScrubs Iris Onlineと同様にクエスト達成で貰えるEXPが主なレベリングとなる。
クエストの中にはストーリー性が含まれるものもあるのだが、ぶっちゃけこれを重要視する方が少ないのではないだろうか。
要するに、今は世界観に没入することよりも、EXPがめちゃくちゃ欲しい。もうくちゃくちゃ欲しいのである。






クエスト達成→クエスト発生→受注
このプロセスを繰り返していると、このようにクエストのナビゲーションウィンドウが満杯になる。
一部、ゲーム進行に影響しないクエストは無視してもよいが、幾星霜この手のクエストゲーをやってきたこの身は、どのようなクエストも逃さず、達成させなければ気が済まない性質になってしまったようだ。
一部、達成条件が厳しいものは除くが、収集家に通ずるところがあるのは否めない。

ちなみにグランドファンタジアには、クエストの達成率や各勢力からの評判、モンスター図鑑のようなシステムがある。
クエストという目標を持ちつつ各町、各フィールド、各ダンジョンを奔走するのが、気持ちいいものだ。



無論、一人以上かPTに用意されたクエストもあったりする。
この手の仕打ちはぼっちの身には厳しいが、その辺は欠点を補いつつ気合で乗り越えるという、根性論でなんとかなるだろうと確固たる自信がある。



PTに用意されたクエストの内容は主にボスモンスターの討伐令が多め。
そしてグランドファンタジアでは厭らしいことに、ボスの配置がアクティブモンスターが最もポップする地帯だったりするも多い。

親切心のつもりか赤く表示されたモンスター名が、かえって恐怖心を煽ってくるようだ。その毒悪な外見からして。







悪鬼羅刹、爆誕




このクエストの内容は、召喚ボスモンスター巨大グモ「サラス」を討伐せよというものだ。
ダンジョンやフィールドを徘徊するボスモンスターの他にも、アイテム召喚でしかお目にかかれないボスモンスターも存在する。
ある種のクエストは受注すると、討伐対象となるボスモンスターを召喚するアイテムが渡されるのだが、強制隣接であるため召喚した瞬間にボスモンスターが間髪を入れず襲い掛かってくる。

間合い的には近接職にとっては有難いことではあるが、魔法職からすれば有難迷惑なところである。



だが、グランドファンタジアの魔法職を侮ってはいけない。
リリカルなのはよろしく、対象を捕縛する魔法、対象をスタンさせるという足止め魔法が揃い踏みだ。このうえなく厭らしいな。
他にもHPを吸収したり、アンデッドを召喚する魔法があるのだが、それはネクロマンサーになってからのお話。

捕縛状態とスタン状態の相手は行動不能になるので、この好機を逃してはいけない。
サラスを捕縛してる間、ありったけマジックアローを猛撃する。


クモだけに一寸の虫にも五分の魂
もとい、サラスこれで貴様も虫の息だ!






















戦法に手落ちがあったか、それとも相手の力量を見誤ったのか。
グランドファンタジアに於ける魔法職の立ち回りというのは、相手を足止め→魔法攻撃で追撃が基本なのだが、如何せん場所が悪い。
サラスを召喚するポイントはダンジョンの「草原の洞窟前」なのだが、先述した通りここ一帯のモンスターはアクティブなうえに、自分のレベル次第では思わぬ横槍が入ることが屡ある。
そのうえ、このゲームのモンスターはこれといったルートもなく辺りを徘徊し、撃退したそばから隣接にリポップすることもある。

こういうときこそ、メイジのスキル「起爆術」という無詠唱の範囲魔法の役所だが、まぁ仕方ない。
地の利も、分もサラスにあったというだけだ。






人多っ

関連記事

タグ:オンラインゲーム エミュ鯖 海外鯖 グランドファンタジア GrandFantasiaIgnitGames PrivateServer

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します