【ETS2】バック駐車できる奴が一番かっこいいんだ イケてるぜおまえ

カテゴリ: 洋ゲー未分類
 2017//20





Euro Truck Simulator 2前回の続き。






*画像を左クリックで拡大表示します*


スイスとイタリアを隔てる国境検問所を通過し、配送先にして目的地たるイタリアの地に足を…もといタイヤを踏み入れた。
667キロもの長旅に漸く終わりが見えてきた。



*画像を左クリックで拡大表示します*


イタリアでの初インターチェンジ。
国々各所の料金所は全部同一ということはなく、一つ一つが丁寧に作られているのが素晴らしい。
全ての料金所を撮って料金所コレクションをコンプするのもありかもしれない?



*画像を左クリックで拡大表示します*


通行料金は7ユーロ。
日本円にして936.99円。

あ、あれ?以前の時と比べて安くない?



*画像を左クリックで拡大表示します*


ゲート!オープン! (ゲートキーパーズ風に)



*画像を左クリックで拡大表示します*


そういえば「ETS2」にはETCレーンも設置されてるのだが、思えば今の今まで利用したことがなかった。
停車して支払うのは手間といえば手間だが、一見無駄にも見えるこのプロセスは妙に現実感があって一興だったりする。
というか、通過するだけでは趣がないと思うところがあるのかもしれない。



*画像を左クリックで拡大表示します*


無灯火違反に草

ブライドアタックかよ。
しかも罰金が150ユーロって、料金所の通行料金よりも高いやんけ!




*画像を左クリックで拡大表示します*


目的地であるミラノの案内標識が見えた。
残りあと3キロ、ゴールはもう目と鼻の先。



*画像を左クリックで拡大表示します*


程なくして到着。
速度制限は50kmだが、街の中を64kmで爆走中 (※良い子は真似してはいけません)



*画像を左クリックで拡大表示します*


ここが、あのACミランがホームタウンとしているミラノか。
モダニズム建築とかはなんとなくそれっぽい?ミラノのドゥオーモがあったら尚良。

イタリアといえば次回のDLCがイタリアの拡張らしいが、ただただ心待ちにするばかりである。



*画像を左クリックで拡大表示します*


配送先の輸送会社を目前にしてまさかの通行帯違反。
欧州の交通ルールはまことシビアである。

だが今は先を急ぐ!



さっさと終わらせてしまおう。
こっちは10時間も運転してクタクタなんだ。

と言うところだが、難易度が高ければ高いほど経験値がより多く手に入るのだ。
いつもは駐車はスキップ一択ではあるが、今はレベルを早く上げたいし手間だが一番上を選択。



*画像を左クリックで拡大表示します*


どうよ?この完璧すぎるバック駐車。
バック駐車ぐらい、ちょちょいのちょいでやってのけてこそイケメンというものだ。






*画像を左クリックで拡大表示します*







まぁ



線からはみ出ても完了となるし結果オーライ。

走行距離は712キロで、所要時間は10時間52分
ダメージペナルティは1.5%程度だが、収入は94,294ユーロと経験値は973XP

長距離配送も悪くない。

関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 PCゲー 洋ゲー EuroTruckSimulator2 ETS2

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します