【動画制作】それは愚かなる名 だが時は求む 不屈の英雄 その物語を

カテゴリ: 動画制作
 2017//07





実を言えば、2017年7月より放送中のTVアニメFate/ApocryphaのMADを放送開始直後に作っていた。


『Fate/Apocrypha』(フェイト・アポクリファ)は、TYPE-MOON作のビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』のスピンアウト小説。
著者は東出祐一郎、イラストは近衛乙嗣。TYPE-MOON BOOKSより2012年12月31日から2014年12月30日まで全5巻が刊行された。

第三次聖杯戦争の折に冬木の地から失われた大聖杯「第七百二十六号聖杯」が発見されたことから物語は始まる。
大聖杯を奪い、隠匿していたユグドミレニア家はその聖杯をシンボルに掲げ、魔術協会からの離反を宣言する。
それを討伐すべく派遣された魔術協会の部隊はユグドミレニアのサーヴァントに壊滅させられてしまうが、最後の生き残りが、大聖杯の予備システムの起動に成功。
これにより本来の7騎に加えてさらに7騎、計14騎ものサーヴァントを召喚することが可能になった。ユグドミレニアの7騎のサーヴァントに対抗すべく、魔術協会側の魔術師もまたサーヴァントを召喚する。
こうして、ユグドミレニア家の魔術師たちである「黒」の陣営と、ユグドミレニア家討伐のために魔術協会に雇われた魔術師の集まりである「赤」の陣営、二つの勢力による「聖杯大戦」がルーマニア・トゥリファスにて開始された。

ja.wikipedia.org/wiki/Fate/Apocrypha

当ブログでも公開する予定だったが、予定は未定よろしく今の今まで未公開のままだった。
折角なので今回以て公開しよう。






放送開始直後ということもあって、1話時点の映像が主軸。
予告PVの映像を用いて尺を補いつつ、時系列と各シーンを煩雑させることでちょっとしたミスリードになっている。
黒のセイバー「ジークフリート」と赤のセイバー「モードレッド」が中心であり、ラストも両者の激突で締めくくられる。
BGMに選曲されたのはALI PROJECTの「赤と黒」で、この曲は元々NOIR (ノワール)というアニメのイメージソングである。
「赤の陣営」と「黒の陣営」という二つの勢力から、曲名も然ることながらダークでゴシックな曲調が映像とマッチしている。
そのぴったりすぎる曲名からして選曲の決定打となった。




・MAD動画 再生リスト




・アレンジOPシリーズ 再生リスト


関連記事

タグ:動画制作 アニメ MAD

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します