【ZOIDS2】ゾイドのパイロットになってガイロス帝国としてヘリック共和国をぶっ倒します!

カテゴリ: ゲーム未分類
 2018//04





こう見えても自分は大のゾイド好きであり、組み立てキットからアニメまで、そのゲームなどにハマったことがあった。


ゾイド(ZOIDS)とは、ゾイドは1983年より発売開始された1/72や1/24のキットである。
恐竜や動物などをモチーフにゼンマイや電動モーターでの歩行ギミックが主な特徴。
ゴジュラスやレッドホーンをはじめとする豊富なラインアップ、秀逸なデザインで一気に人気商品となったが、1990年にいったん終焉を迎えた。
やがて時を経て1999年、テレビアニメが開始され、キットも再び発売された。

dic.nicovideo.jp/a/ゾイド

ゾイドとの出会いは初となるアニメの無印ゾイドがコロコロコミックに取り上げれるようになった頃からであり、お小遣いを1/72スケールの組み立てキットに使い果たしてたそんな若かりし頃。
ちなみにはじめて購入したキットがコマンドウルフで、その実シールドライガーを欲していたのに微妙にお小遣いが足りず已む無くコマンドウルフで妥協したものの、後々愛着が湧いた思い出があるけどそれはまた別の話。

今回お話するのは、先述したゾイドのゲームについてである。
思えば、ゾイドのゲームならある程度はプレイ済みだった気がしたけど、事実と相違があったようだ。
ゾイドVSシリーズは勿論のこと、アーケードゲームのゾイドインフィニティ、GBCやGBAの白銀の獣機神ライガーゼロSAGAシリーズなどはプレイ済みであるものの、これはプレイせねば!というソフトが未着手だったことを思い出した。

そう、そのソフトこそ…

ZOIDS2 ヘリック共和国VSガイロス帝国である。


『ZOIDS2 ヘリック共和国VSガイロス帝国』(ゾイドツー ヘリックきょうわこく ブイエス ガイロスていこく)は、2002年にトミーから発売されたプレイステーション用ウォー・シミュレーションゲームである。

ZOIDS 帝国VS共和国 メカ生体の遺伝子』の続編にあたる。中央大陸戦争を描いた前作とは異なり、ブレードライガーやジェノザウラーといったアニメで活躍した新型ゾイドが参戦し、新バトルストーリーに近い設定がなされている。
プレイヤーはヘリック共和国とガイロス帝国の2国のうちどちらかを選び、ゾイド部隊を指揮してもう一方の国と戦うこととなる。北エウロペ中部の攻防から、ニクシー基地陥落による帝国軍撤退までのシナリオが用意されている。
また、前作のセーブデータを引き継ぐことにより、前作の小隊長機を援軍として部隊に加えることができる。強力なゾイドほど登場が遅くなるが、デスザウラーなどの入手困難な機体を確実に入手する方法でもある。

ja.wikipedia.org/wiki/ZOIDS2 ヘリック共和国VSガイロス帝国

今にして思えば当時は戦略シミュレーションゲームには興味がなく、何よりも既にPS2にどっぷりだったこともありPS1のゲームソフトに見向きもしなかった記憶があったため、未入手のまま「ZOIDS2 ヘリック共和国VSガイロス帝国」は時の流れとともに記憶から薄れていった。
最近ふとゾイドが懐かしくなり、久々に何かゾイドゲームがやりたい!
という意欲も相俟って、ZOIDS2 ヘリック共和国VSガイロス帝国をやり始めた。

という長い長い前置き。

ちなみに前作である「ZOIDS 帝国VS共和国 メカ生体の遺伝子」も未プレイであり、本来なら前作からやるべきだけど、まぁ登場ゾイドの好みもあってあえて続編からプレイしてみよう。

というわけで…
遥かなる歴史に名を馳せた英雄みたいに誇り高く、信じること誰かに伝えるべく一国のゾイドパイロットになります!






*画像を左クリックで拡大表示します*


タイトル画面には当時にアニメやゲームで活躍してた最新のゾイドが映し出されている。
左から「バーサークフューラー」、「ライガーゼロイクス」、「トリニティライガー」、「ケーニッヒウルフ」、「マッドサンダー」とすらすら名前が出てきてしまう。
トリニティライガーがセンターにいると、これはゾイドSAGAではないか?と錯覚させる。
恐らくは、ゲームやキットの売り込みのためにあえて最新のゾイドを配置したのだと推察できる。
当時アニメ効果で圧倒的人気だった「ライガーゼロ」や「ブレードライガー」を配置すべきだったんじゃなかろうか。



*画像を左クリックで拡大表示します*


ゲームを開始すると「ヘリック共和国」か「ガイロス帝国」、二国のどちらかを選択できる。
選択した国のゾイド部隊を指揮することになり、一方の国と戦うことになる。

子供の頃は無印ゾイドを見てたこともあって、ガイロス帝国は悪だ!ヘリック共和国こそ正義!と決め付けていた。
理由は言わずもがな、無印ゾイドの第一部の影響である。
しかしながら、年齢を重ねるにつれて考えが逆転しがちなのか、次第にガイロス帝国に魅力を感じていった。
これはガンダムでいうところの、大人になってジオンが好きになるという同じ心情。

ということで、躊躇ひとつなくガイロス帝国を選択した。
ヘリック共和国の「ハーマン大尉」や「クルーガー大佐」は好きだけど、ガイロス帝国の「シュバルツ少佐」がもっと好きです。
ビームガトリングを装備した赤と黒のカラーリングのセイバータイガーSSがかっこよすぎじゃよ…。



*画像を左クリックで拡大表示します*


ムービー付きのプロローグから始まる。



*画像を左クリックで拡大表示します*


バトルストーリーを髣髴とさせる内容だけど



*画像を左クリックで拡大表示します*


どうやらアニメのストーリーと新バトルストーリーをうまく絡ませて統合させた世界観のようです。



*画像を左クリックで拡大表示します*


「ルドルフ」と「プロイツェン」!と懐かしい名前が出てきた。



*画像を左クリックで拡大表示します*


先述したハーマン大尉のかーちゃん!これまた懐かしい名前。



*画像を左クリックで拡大表示します*


ガンダム1stを思わせるナレーションだ!



*画像を左クリックで拡大表示します*


過ちは繰り返される…。



*画像を左クリックで拡大表示します*


いつもの名前を入力。



*画像を左クリックで拡大表示します*


部隊名も決められるようなので
スラッシュゼロに出てくる「チームブリッツ」を丸パクリ…もとい因んで「ブリッツ」と命名した。



*画像を左クリックで拡大表示します*


恐らくチュートリアルだけど、お約束の戦闘テストから開始!
しかも搭乗ゾイドがなんとまさかのセイバータイガー!


\( 'ω')/ウオオオオオオアアアアアアーーッ!!!!!



 /|_________ _ _
〈  To Be Continued…//// |
 \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 PS1 懐ゲー 和ゲー ZOIDS2ヘリック共和国VSガイロス帝国 ゾイド2

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します