噂の話題作をプレイした結果www

カテゴリ: ゲーム未分類
 2018//26





異例の大ブレイクで今話題の超大作ダンジョンメーカーをやり始めた結果、見事にどっぷりハマってしまった。

ダンジョンメーカーとは口コミやSNSを中心に大流行したアプリで、今やその人気は不動のものと言っても差し支えない。
『いい時間泥棒』、『時間が溶ける』と好評を博しており、実際にプレイしたところ確かに面白いゲームだ。
目に見えて有料アプリだけど、その手の界隈で最早お家芸となった課金要素が無いのは特筆すべき点でもあるか。
そんな忌むべき要素がないからこそ、喜んで紹介したい傑作である。







引き続きプレイを選択するとプレイ再開ができ、放棄するとゲーム進行具合がリセットされ、リザルトポイントを獲得できる。
リザルトポイントが一定数貯まると魔界ショップにてガチャ (≠課金)を回すための魔石が手に入り、ゲームオーバーしても転生を行えばリザルトポイントに応じた魔石を入手できる。
転生も放棄も進行具合がリセットされるところはローグライクに通ずるものがあり、その実このゲームはタワーディフェンスとローグライクを合わせたダンジョンビルドゲームである。

Google Play ゲームが接続されるので、クラウド、リーダーボード、実績などに対応している。
ちなみにプレイしたこの時点のバージョンが1.2.2 (Build10062)だが、現行バージョンは1.3.6 (Build10077)
短期間で数回に亘るアップデートが実施されており、デベロッパーが言うには続編を出す予定はなく、このゲーム一本に全力を尽くすつもりとのことだ。
アプデがないまま死んでるアプリをよく目にするので頼もしいかぎりだ。



ゲームの流れはとってもシンプル。
プレイヤーは「魔王 (美少女)」となってほぼ無限に続くダンジョンに挑み、モンスターを率いつつ施設と呼ばれるパネルを敷き詰めて「勇士 (ほぼ美少女)」を迎え撃っては様々なイベントが発生するダンジョン内で生き延びるのが目標だ。
発生イベント、モンスターや施設の入手は完全ランダムであり、うまい具合に事を運ばせて戦略以外にも運を味方にする必要がある。
最終的に何日生き残ったかを競うゲームでもあり、達成感とランダム要素がうまく絡み合い絶妙なバランスが成立している。



シンプルとは言ったものの、ボスとしても登場する勇士は一部が中々手強い。
とくに日数が経過すればするほど登場する勇士も強くなっていくので、モンスターや施設の配置がシビアになってくる。
バフやデバフ持ちの勇士もいるので対策が必要となり、ダンジョンの攻略も慎重に行わなければならない。

そうして、どう工夫するかどう戦略を立てるかを考えさせる非常に奥深いゲームである。



魔王やモンスター、勇士まで全てドット絵で描かれてるのも個人的にポイント高い。
というのも、こう見えて自分はドット絵のゲームが大好物であり、グラフィックに囚われている昨今のゲーム界隈が度し難いと思っている。グラフィックばかりで中身がないゲームが多すぎるのも問題だ。



上図に続いてこちらも魔王の一体だが、初期では「リリス」と「エリザベス (現verではエリザベート)」の二体しか選択できない。



ゲームを進めていけば他の五体の魔王も解放され、選択できるようになる。
ちなみに解放条件は魔界ショップのガチャで、運次第では一発目のガチャで引き当てることができよう。


魔王はそれぞれ個別に「権能」と呼ばれる、謂わば特性を所持している他、「固有スキル」も習得している。
リザルトポイントに応じて転生時に魔王のレベルがアップし、レベルアップの報酬として新たな権能と固有スキルを習得していく。
魔王のレベルや能力は入手したモンスターとは違い、ゲームオーバーや放棄でリセットはされずずっとそのままだ。



この「ターニャ」という魔王の権能と固有スキルがバフの「加速」とデバフの「火傷」といい感じにシナジーし、与ダメージやモンスターの行動速度が伸ばし易いため、加速で強化されたモンスター群の殲滅力が凄まじいことになる。
実際のところ、このターニャで200日以上生き残ることができた (上図2枚目の画像を確認)



魔王は魔王でも全員が美 (少)女なのはそういう趣向なのだろう。



ちなみに全員がきょぬー。やはりそういう趣向なのだろう。



一部のモンスターは擬人化されており、ゴブリンはゴブリンでもこの「ゴブリン少女」は美少女である。
ネトゲの世界なら思わず倒すのを躊躇うこと間違いなし。
それとは別にRPGによくいるあのゴブリンもちゃんと登場している。
「~少女」というモンス娘と通常のモンスターがまさかの共演だ。このデベロッパー、すごいよ。



勇士一同はというと揃いも揃って傾城の美女みたいな面構えだ。












おまえだけ違くね・・・?




Google Play で手に入れようAppStoreで入手

関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 スマホ アプリ ダンジョンメーカー DungeonMaker

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します