スマホ版RO「ラグナロク マスターズ (ラグマス)」を先行プレイした日 その2

カテゴリ: ゲーム未分類
 2019//02





根強いファンが多く、長年愛され続けてるMMORPGラグナロクオンライン (略称RO)をベースとした、正式発表がなされたスマホ向けアプリラグナロク マスターズ (略称ラグマス)のCBT (接続テスト)を遊んだ時の話をする。
当記事は前回の続きとなっているので、例によってはそちらもチェック。







🔺何やら試験を受けることになって、初心者支援に新米冒険者向けの装備を下賜してくださるようで…



🔺武器と回復POTに加えて、少量の経験値と金銭を頂いた。
「赤ポーション」は見慣れているが、楽園団という銘が刻まれたダガーは見慣れぬ武器だった。
本家ROで言うところの「初心者用マインゴーシュ」か。



🔺指定されたNPCの位置情報はミニマップに表示されるだけでなく、必要な位置情報が全て表示される。
ミニマップの枠内にある「世界」をタップすれば、ワールドマップに切り替えることも出来る。



🔺嬉しいことにミニマップ上をタップすれば自動移動してくれる。
利便性の高さからこれは本家ROにも欲しい機能だ。



🔺画面の右上 (ミニマップの下)にはクエストの内容と目的としている対象との距離が表記されている。


クエスト内容の対象である「ポイ」とは「ポリン」の姿をしたNPCだった。
しかし、ポリンは仮にもモンスターなので一体どうやって意思疎通を…?




🔺ポリンが…喋って…る…?






🔺言葉が喋れる二足歩行の猫とか『やめろ!』と叫んだ猿なら見たことあるが、人語が話せるポリンに驚きを禁じ得なかった。
力を使い果たすまで言葉を一生懸命に覚えたとか、涙なしには語れないそんな切ないエピソードがあるんだろうなぁ…きっと。






🔺【悲報】ポイの身空、想像以上に壮絶で過酷なものだった









🔺ポイの気持ちを斟酌するようにして代弁して頂きました (上図)



🔺まさかのねこばば告白により上記の斟酌を即刻取り消したい 😐









🔺そうしろと囁くようなゴーストは持ち合わせてないが、疑念を抱いたまま「古木の枝」を使用することに。
占有離脱物横領罪の前科を持つポイの言いつけ、もといクエスト内容がそう指示しているのでやるしかない。



🔺指定座標 (地点の黄色いマーカー)にキャラを配置させると、使用するアイテムのポップアップ画面が出てくる。
こういう場合いちいちインベントリを開かなくて済むので、痒いところに手が届くぐらいに便利。



🔺ぽきりと古木の枝を折ると、プレイヤーから手離れしたキャラが自ずからショックエモを出したではありませんか。
何が始まるんです? (すっとぼけ)



🔺直後に「やんちゃなポリン」がどこからともなく出現し、襲い掛かってきた!
いきなり現れて襲い掛かってくるとは変身中のヒーローを攻撃するぐらいに無粋!とばかりに鉄拳制裁を加えたが──






🔺おいやめろ
『びっくりポポー面白いポーもう一度やるポー』じゃねーよ!変な気を起こすな!









🔺よもや怪力乱神のようなモンスターを召喚してしまったか!?



🔺かと思いきやそんなことはなく、「巨大ポリン」の名がついたポリンだった。
それにしても出現してくるのがポリンばかり…だなぁ…?



🔺何やら見えざる悪意を感じるが「楽園団の訓練服」という防具をドロップしてくれたし、まぁ良しとしよう。



🔺『やっぱり面白い』が含みのある言い方だけど、気にしない方が良さそうだ…。








20190602112703.png


🔺クエストを完遂して、とりあえずクエストを依頼したNPCに達成報告したはいいが──












騙された仕返しにリテイク





















関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 スマホ アプリ ラグナロクマスターズ ラグマス RagnarokMasters

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します