手強い夜に 君が本気で始めてるゲームは何?

カテゴリ: ゲーム未分類
 2019//04





今更になるが、実を言えばラグマスをやる以前からやっていたアプリゲーがある。
当記事のアイキャッチ画像から見て取れるように、そのアプリゲーこそプリンセスコネクト!Re:Dive (略称プリコネ)である。

「プリンセスコネクト!Re:Dive」はCygames制作のスマートフォン向けゲームで、Amebaにて配信されていたソーシャルゲーム「プリンセスコネクト!」の続編。
2018年2月15日にサービスが開始された。

ジャンルはアニメRPG。
キャッチフレーズが「もう一度、キミとつながる物語」となっており、前作「プリンセスコネクト!」のヒロインが全員登場する他、新規キャラクターも追加されている。

プリンセスコネクト!Re:Dive (ぷりんせすこねくとりだいぶ)とは【ピクシブ百科事典】


遡ること2ヶ月と28日前、俺がやり始めたのは5月初め、つまり10連休のGWの真っ只中だったことも相俟って、丁度いいことにプリコネでは様々なイベントやキャンペーンが開催されていた。

一つ目はギルド「ヴァイスフリューゲル」を中心としたストーリーイベントである「ショーグン道中記 白翼のサムライ」
二つ目はガチャに於ける星3キャラの排出確率が2.5%から5%にアップする、且つ限定キャラが登場する「プリンセスフェス」
三つ目は特別なログインボーナスにより最大10日でジュエルが貰えたり、諸々の特典があった「GWキャンペーン」

この三つの中でもプリフェスの開催はやり始める (リセマラする)好機にして絶好のタイミングだった。
ただ、下調べもせず、それどころかこのゲームに関しては完全に不知案内だったこともあり、その重大さを理解していなかった。
来たるアニメ化に備えるべく、予備知識を得るための軽いジャブを入れるという動機でやり始めたのだから無理もない。
だがまぁ、偶然とはいえその時期にやり始めたのは本当に幸運だったことを、後々理解させられた。

今更感はあるかもしれないが、やり始めた当初から振り返りながら順次に書いていこう。
何記事に及ぶか定かではないが、回想録だと思ってくれれば幸甚に存じる。







🔺ぱっと見は異世界を舞台とした王道なファンタジーものに見えるが、実際のところは主人公とヒロイン一同が劇中のVRネットゲームのクリアを目指すという内容であり、プレイヤーは可愛い女キャラたちをひたすら愛でるゲームである。
というのは語弊があり、ヒロインにあたるキャラを育成しながらエリア式のクエストを攻略していくゲームだ。
クエストなどで得られる装備を素材にすることでキャラをランクアップさせる育成要素、キャラのステータスを強化する専用装備、メモリーピースと呼ばれる特殊なアイテムを以てキャラの星 (レアリティ)を上げる才能開花など、育成方面のコンテンツも充実している他、周回必至のダンジョンや対人戦のアリーナ、クランで挑むクランバトルなどといったコンテンツが盛り沢山。

🔺アニメRPGというジャンルだけあって、アニメパートが数多く用意されており、ストーリーとして展開されていく。
主人公だけでなくモブキャラも含めてフルボイスであり、そのボリュームには圧巻される程である。
そればかりか、復刻イベントのみならず新規イベント用に度々アニメが用意されてるので、アニメRPGの名は伊達ではない。

🔺中でもやはり登場キャラが魅力的であり、総数45人もの個性豊かなキャラが織り成す心をつなぐ物語は必見だ。



🔺パーティは5人編成となっており、各キャラは基本攻撃やスキルを自ら行ってくれる。
自動戦闘である一方、ユニオンバーストと呼ばれるキャラ特有の技はプレイヤーの任意で発動させることも出来るが、オートプレイならばユニオンバーストは自動で発動する。
オートプレイは任意で切り替えるので、状況や戦局に合わせて切り替えると良し。
忙しい人向けに戦闘を倍速に設定することで、スムーズに進められるのも特筆すべき点である。
戦闘は愛くるしいSDキャラで描かれており、モーションやスキル発動時の演出が凝ったものになっている。




チュートリアルを一通り終わらせると、星3キャラ確定のチュートリアルガチャをタダで引くことになる。
リセマラするならこのタイミングがベストだが、途中で行われるダウンロードの回数と容量が多いため、この段階に至るまでWi-Fi環境でも20分から30分は要する。
つまり、プリコネはリセマラに向いてるとは言いがたく、何度もリセマラしようものなら忍耐力が試される。
しかし、レアリティの高いキャラでスタートダッシュした方が有利に進められるのでメリットは十分あるだろう。
自分の場合イベントの最中ということもあり、リセマラに時間を費やすわけにはいかず、するにしても多くて3回までと決めていた。

遅れを取るわけにはいかないと肝に銘じ、チュートリアルガチャに臨んだ。
この時点では攻略サイトは一切見ておらず、どんなキャラがいて、どのキャラの性能がいいかも分からずじまいだった。
その実、やり始めるに至るまで前作である「プリンセスコネクト!」の存在はまったくの不知だった著者。
そのため登場人物はおろか、前作との関連性や世界観、設定について知ってることは何一つなかった。
要するに生まれたばかりの赤子同然であり、物心すら付いていない状態なのだ。

腹を括り、初めてのガチャを引くことに。


































🔺お姉ちゃんキャラ、タンクの「シズル」を引き当てた。
この結果をTwitterに報告したらいいねが付いてたのは覚えている。
ビジュアル良し、その胸も良しとする。
不知同然ゆえ、ぶっちゃ性能なんて二の次という考えだった。
そのためこのまま始めてもいいと思ったが、俺の直感がせめて1回ぐらいはリセマラをした方がいいと訴えかけていた。

早く始めたいという焦燥感とリセマラした方がいいという直感、二つの執念は天秤にかけられた。
肉眼で見えるものではないが後者に傾いた、気がした。であるからして、リセマラすることを決心した。
所要時間が時間なので日を跨いでからリセマラを行った。
イベントに使う時間が費やされたのは痛手であり、ここで当たりを引かなければ先で引き当てたシズルが無駄になる。
意を決して、再びチュートリアルガチャに手を伸ばした。


伸ばした一点突破の決意の右手が運命を切り開いた。


































🔺獣臭がしなさそうなケモ娘、アタッカーの「マコト」を引き当てた。
この時、全身に電流が走ったかのように俺は確信した。

リセマラ終了であると。

言うなれば一目惚れしたときの同等の感覚であり、啓示に近い直感が優柔不断ゆえの逡巡に軽々と打ち勝った。
リセットする前の状態とリセットした後の状態、どちらがリセマラ終了に相応しかったか、明々白々だった。

その実、今だから言えることだがマコトは人権キャラの中の人権キャラであり、リセマラに見合う性能の高さは随一を誇る。
プリコネにおいては物理防御力ダウンのデバフは最重要であり、マコトは物防デバフを二つも所持している数少ないキャラだ。
ひいては効果量の多さと効果時間の長さが他のキャラよりも一枚上手であり、必ず確保しておきたいキャラの一人である。
そればかりかトップクラスの物理攻撃力を持ち、物理アタッカーとしては即戦力である。
新規にとっては開放条件が困難なので、チュートリアルガチャで引き当てなければ入手する時期がだいぶ遅れてしまう。
開放に必要な「メモリーピース」の入手先が限られているので、もし引き当ててしまったらリセマラ即終了が好ましい。
ガチャで狙うのであれば、プリフェスとピックアップガチャが狙い時と言えよう。

先述のシズルは悪くない支援キャラであるものの、開放条件の域に到達するまで多少の時間はかかるが難易度は高くないゆえ、どちらかというと入手の優先度は低めなのでリセマラして得したと言えるのではないだろうか。



🔺リセマラを終えて言うが早いか、チュートリアルに従ってクエストに臨んだ。
俺のプリコネが始まった瞬間である。




暫くしてその後、タンクに相応しいキャラは居ないまま梃子摺るところまで進めた。
タンクといえば初期キャラである「ペコリーヌ」は初めから所持しているが、やはり初期キャラの宿命か何かと落とされやすい。



🔺そのままというわけにもいかず、プリフェスの最中にガチャを回して優秀なタンクのプリンこと「ミヤコ」を得た。
この時点では星2だが、それでもトップクラスの物防を持ち合わせており、後にも先にもずっとお世話になるキャラの筆頭である。



🔺幸運なことにその際、プリフェスの期間中にしか排出されない限定キャラの一人である「ムイミ」も入手した。
先で述べたマコト、そしてムイミはアタッカーとしては主戦力級であり、この二人が居たからこそ今日までやってこれただろう。

その他にも



🔺前述した二人には及ばないものの、アタッカーとしては十分なポテンシャルを持つ「トモ」を引き当てた。
CVは聞き慣れた声であり、ビジュアルも悪くない。


悪くない、悪くないのだが…?

















🔺キャラプロフィールでは13歳となっているので、これで13歳と見れば中々のものでは? ( ͡° ͜ʖ ͡°)




Google Play で手に入れようAppStoreで入手

関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 スマホ アプリ プリンセスコネクト!Re:Dive プリコネR プリコネ PrincessConnectRe:dive

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します