【ROエミュ】およそ1年振りの○○鯖で初心に返る!

カテゴリ: 国内鯖未分類
 2020//25





早いものでもう月末が差し掛かった5月、世界を震撼させる出来事があった2020年も半ばが見えてきた。
今振り返ると、一昨年の11月から今日に至るまでROエミュはやっておらず、約1年以上も未着手だったという計算になる。

これは驚きの事実である。

僕が覚えてるかぎりではROエミュをやらない時期があったとしても、大体長くても半年かそこらだ。
そうなった経緯について思惟するまでもないことだが、ガルパプリコネといったスマホゲーに夢中になっていたからだろう。
中でも、やはりラグマスの存在が大きかった。

去年の今頃は例のごとくROエミュをやってる時期のはずだったが、当時は目もくれずラグマスにどっぷりだったのは覚えてる。
だが、案の定そのラグマスも長続きせず、去年の10月を最後にやらなくなったのである。

一時期は海外エミュ鯖に手を出していた時期もあったので、その辺も起因していると言えよう。
それ以降、多忙によりROエミュとはすっかり無縁になっていた。

しかし、なんだかんだでふと思い出したように、時たま無性にやりたくなるのがRO
「ラブストーリーは突然に」ということはないでしょうが、「やりたい気持ちは突然に」ならあるあるじゃないでしょうか?


ということで
1年と5ヶ月振りにROエミュ、再開。





はじめに、「念には念を」ということで鯖名について口外無用とし、以後も伏せていただく所存にて候ふ。
もっとも、見覚えがある方はぱっと見で全容を掴むと思われるのでご想像にお任せしたい。



久しいプロンテラに降り立つ。

見慣れていると言われれば見慣れているが、妙な懐かしさがある。
雰囲気とか、見た感じとか。



そういえばこのNPCから序盤における必要最低限の装備を揃えるのだと、記憶を呼び覚ました。



初心者装備で身を固めて初心っぷりを披露するメル氏。

だが、これはこれでROを満喫できるというもの。
久方ぶりにROをやる僕は、原点回帰、ないしは初心に返るという姿勢のつもりだ。
初心に返ることで無垢そのものになっている。
ゆえに今の僕に一切の邪念はなく、妙なプライドや羞恥心を捨て、ROに心を委ねている。



初心者らしくポリン島に直行し、転職が可能となるレベルまでポリンを狩る。



しり込みせず剣士に転職した。

以前の記憶なら最後までレンジャーだったが、今回は変化球が欲しいということでルーンナイトでいこうと思う。
と言っても、どうせ僕のことだから途中で心変わりはあるかもしれないが。



剣士になった後もポリンコイン集めも兼ねて変わらずポリン島でレベリング。
登板間隔が空いたとはいえ、ポリンコイン集めの重要性は忘却していない。



すると、魔の手がすぐ傍らに差し迫っていることに気付いた。

あれに虫けらのように屠られたらいいブログネタになるだろうな、とか思って(フラグを立てて)いると⋯



取り巻きの巨大ウィスパーにタゲられてしまい、一方的な鬼ごっこ⋯ならぬ幽霊ごっこを強制された。
ゴーストリングのソウルストライクが飛んでくる夏の虫のように僕を襲いかかる。

これはフラグ回収に⋯



ならなかった

逃げた先ではぐれ取り巻きに遭遇したが、触らぬ神⋯もとい幽霊に祟りなし。
せっかく回避したフラグ、回収したくないし。






あっ、フラグ回収だ

















やっ⋯てしまった。
だがそれがいい。



集めたポリンコインを用いて、初心者らしく初心者応援バッジを2個作成した。



1個につき取得する経験値が500%も上がるので2個は作っておきたい。



初心者応援バッジを作ったところで狩場を育成用のオリジナルマップに移行。
不要なフラグ回収を除けば、この一連の流れは新規向け育成の定石と言えよう。



攻撃が効かない!?
いや、当たってない⋯のか?



ポリン狩りの名残でステータスを振り忘れていただけだった。







ある程度のHITを確保したことでこちらの攻撃が当たるようになり、バッシュ連打で倒せた。
育成用のMOBだけあって恐ろしくレベルがさくさく上がる。



そうして騎士になった。

関連記事

タグ:RO RagnarokOnline ラグナロクオンライン エミュ鯖 エミュ

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します