CLANNAD ~AFTER STORY~ 第13回「卒業」

カテゴリ: アニメ関連
 2009//10
一番苛立つこと
やっと長い記事書いたのに、別のタブブラウザ開いたら
IEが応答なしになって、そして止むを得なく強制終了
書いた記事は…

メルです

クラナド13話見てしまった
年末は放送休止になった事もあったが
新年早々何この急展開は!?って感じになりました
朋也に続いて渚も卒業迎えたわけだし、益々目が放せない!
ってこれに言ったようなデジャヴ…

前回(12話)では、朋也は渚にプロポーズをする
そして朋也、秋生に話すべく古河家に出向いたのだったが
秋生は話を聞こうとせず、かわりに野球の勝負を持ちかけるのだった…



すべて(結婚の事)を話すべく、朋也は古河家に出向いてたが
肝心の秋生はどこかに遊びに行ってた、帰ってくるなり

秋生「てめぇこそ何してやがる」

朋也「電話しただろ、話があるから顔を出すって」

まったく約束を忘れていた
聞く耳持たん、と言わんばかりに
挙句に



秋生「いちいち大げさなんだよ、パンを買うくらいでよ」

朋也「パンを買いに来たわけじゃないんだけど」

秋生「わりぃが!いくら娘の彼氏だからって割引にはしねぇぜ。
あえて倍額だ!しかし
早苗のパンは別だ、あれなら定価で売ってやる」


はぐらかされていた

渚「お母さん後ろにいます…」



秋生「だっ…」

秋生のこの表情に思わず吹いてしまったw



早苗「私のパンは定価だったんですねぇーーーーーっ」

秋生「ま、待て!定価で売るならいいんじゃねぇのか!?」

開始早々、このやり取りwwww
もはやお約束だなw



秋生「俺は大…「おっさん!大事な話がある、聞いてくれ!」

朋也は秋生を制止するように呼び止めた



朋也「真面目な話だ」

ようやく察したのか
秋生は朋也に耳を貸すが



秋生「よし、だったら…真剣勝負だ」

こうして話を聞いてもらうべく、朋也は秋生の勝負を受けて立つ事になった




CLANNAD ~AFTER STORY~
第13回「卒業」




しかしハンデもあって、朋也は敗れてしまう



そのハンデとは、肩を痛める事もあるが
なにより実力の差は圧倒的に大きい

その差を埋めるべく、朋也は素振りの練習を始める
ここで、芳野になにをしてると聞かれ
一言



朋也「人生を賭けた戦いが、あるんです!」

賭けてるのは分かるが
堂々とよくそんな寒い事が言えたもんだw
もしや芳野の影響か?w



だが、埋まるはずもなく
2度目も呆気なく敗れてしまう



雨の中でさえ、朋也は諦めないでいた
3度目、これがラストになる
朋也は勝利しなければならなかった
しかし



やはり、負けてしまった
結果は変わらなかった
実力の差は大きすぎる
わずか短期間で、たったの素振りの練習でその差は埋まるはずもない
それ以前にどうにかして埋めようとするものじゃない
普段、秋生は子供を相手に野球をしている
朋也はというと、バスケ辞めてから、学生生活はぐうたらの不良
おまけに肩を痛めてる
2人の差は歴然としている



悔しさを噛み締める朋也に秋生は



秋生「勝てねぇよ、それぐらいの力の差があんだよ。てめぇと俺様には」

容赦なく現実を突きつけた
それに対し朋也は



朋也「知ってるんじゃないかな、あの人
なんか今、言われた気がしたんです
お前はまだ子供だ、誰かを守るなんて痴がましい話だって…」


薄々、真意に気付いてた
秋生がなぜ勝負を持ちかけたのか
親とはそういうものなのだろうか
僕には分からないけど、きっとそういうものなのだろうな



そして朋也はまた練習を始めたのだった、雨に打たれながら
力に差があるなら、あとは熱意しかない
と、最後の手段にでた



秋生はそれを見ていた



思いが届いたのか、秋生はもう1度だけチャンスをあげることに
これが最後の1球



朋也は構える
これで負けてしまえば、人生に敗れたも同然
果たして勝負の行く末は























見事に打ち返していた、ホームランだった
そして朋也は



走った、目一杯走った



そして秋生の目の前で



朋也「渚を俺にください!!」

叫んだ



訪れる束の間の沈黙



その沈黙を破るかのように、秋生は言い放った

秋生「こいつは似てるぜ、俺によ。」



早苗「私はずっと前から気付いていましたよ。そっくりです」

秋生「大人になりたくて、気が逸ってたんだ。まだまだガキのくせによ」


そしてすかさず言った

秋生「渚が辛い思いをするような事があったら、すぐに連れて帰るぞ」

2人を認めていた
そして早苗も言った



早苗「朋也さん、渚は私たちの夢です。
そして今日からは朋也さんも私たちの夢です
2人の幸せが私たちの夢なんです、だから…
幸せになってくださいね」






こうして、朋也の努力は報われたのだった



そして月日が流れた



最期のクリスマスを過ごす朋也と渚を見て感涙
同時に僕が以前に書いた妄想が脆くも儚く散った瞬間である



そして年は明けた



秋生「この時を待ち続けたぜ、娘とさしで酒を飲める日をよ」

当然この人はノリノリである



一度も酒を飲んだ事ない渚にとっては、これが初めての酒となる



そしてごく…ごく…と飲んだ



渚の顔は真っ赤かに

これが後に取り返しのつかない事になろうとは、朋也は知る由もなかった



渚「朋也くんが遠く見えます…」



渚「近くなりましたね…」

はい、どう見ても酔ってますねwwwwww

早苗「なんだか、ラブラブですね」

朋也「こういうのラブラブっていうんですか!?」




渚「朋也くん!そんなにお母さんが気になりますか!」



顔真っ赤かなのは朋也の方だった
そして更に朋也に追い討ちをかけるように



早苗「それは私も興味ありますねー、えへっ」

この人もノリノリであった

早苗「朋也さんは、私を気にしてくれているんですか」



渚「そうなんですか!朋也くん」

秋生「おお、すげぇ修羅場だ」

朋也「片方はあんたの嫁だぞ!」

渚「朋也くん!答えてください!」




早苗「なんか、ドキドキしてしまいますね」

更に更に、追い討ちをかけるかのように



秋生「早苗の胸はでかいぞ」



どーん



ごーん

渚「朋也くん、どうしてそんなにうろたえてるんですか!」

秋生「早苗に気がある証拠よ」

朋也「ないないないないないない!」

早苗「ないんですか…(´;ω;`)」


とそんな賑やかな古河家の元日でした



そして更に月日は流れ



渚はまた体調を崩した
卒業は出来るが、卒業式には出れない
そして、朋也は行動に出た



久方振りに春原に電話をする



そして、2人は桜並木の坂道を歩いていた
学校へ向かっていたのだった
渚の卒業式を行うために



渚ー!と呼ぶ声がする
その声がする方に振り向くと、皆がいた、渚の友達が彼女を待っていた



だが1人例外がいた
別のアニメから迷い込んできたのか?w
こんなキャラいたっけ…



朋也「誰だ?お前」



この間抜け面は…
春原だった!
まあ、ここも原作通り再現されててよかった



そして渚に手渡されてたのは、もう既に使うことのない光坂高校の制服だった



そう、卒業式だ、渚の
朋也はこのために、春原たちに声をかけ、招集してくれたのだった
そして…



渚「この学校での生活、辛いこと沢山ありました
私は引っ込み思案で、友達を作るのが下手で…
3年生になってからは授業にも出られず、留年してしまって…」




渚「2度目の3年生を迎えた春、私は新しいクラスの中で一人きりでした…
時間の流れの中で、変わらないものはなくて
それを知ったら、もう動けませんでした
だから…この坂の下で立ち尽くしていました…」




渚「そして、その背中を押してくれたのが、朋也くんでした
それから、私はいろんな人たちと出会いました
ここにいる皆さんに支えられて、演劇部を作って
学園祭では舞台に立つ事も出来ました
でも…、その後また体調を崩してしまって、もう1年
3年生をやる事になりました…」




渚「それでも、私は頑張ってみようと思いました!」



渚「私は強くなりたかったんです
身体は弱いですけど…、それでも強く生きたかったんです!
そんな勇気を下さったのが、ここにいる皆さんです」




渚「この学校生活をかけがえのないものだと思います
卒業するのに5年もかかってしまいましたが…大好きな学校です
頑張れた私が過ごした場所だからです
どうも、ありがとうございました…」


渚の長い、長い学校生活が今、終わった…



そして朋也は自分の父にも報告した
一緒になると



ここで驚いたのが、渚が大人っぽくなってる
つか、早苗そっくりじゃねぇか…



その指には婚約指輪が



この髪型も似合う…









とまぁこんな感じで、益々目が放せません!
そろそろ汐が登場するのか?
てか、あれ…勝平編は?

関連記事

タグ:アニメ CLANNAD AFTERSTORY クラナド アフターストーリー 第13回 13話 卒業

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します