これが勝利の鍵だ!

 2010//17

作品:花の慶次/キャラ:前田慶次


「これより我ら修羅に入る!
 仏と会えば仏を斬り!
 鬼と会えば鬼を斬る!」

どうも、メルです

久々にMHP2Gでも。
連続大狩猟やってみた
クエストはこれで


クエストクエスト名種別
報酬金
契約金
時間
指定地主なモンスター
集会所G★3 HR9~炎と電気と熱線と連続狩猟
36000z
3000z
50分
旧沼地
リオレイア亜種
フルフル亜種
グラビモス


通常の狩猟クエストとは違い、ターゲットは全て制限時間内に狩猟しなければならない
然り、時間との戦いでもある。
ここでネックとなるのが、やはり慣れない指定地
旧沼地は、無印であるMHでしか登場しなかったうえに、経路が複雑となっていて非常に移動が困難
地図は後から支給されるが、ターゲットの数が数だけに、アイテムポーチの枠は貴重
スキルで発動されるのも一つの手だが、他のスキル確保のために発動させる余裕はない
よって、頼りなるのは勘のみ。

一流の狩人にとって、勘とはライフラインのようなもの
勘だけで紙一重の回避、モンスターの位置を探る勘
勘は力量の次に狩人にとって不可欠なもの。
だいぶ脱線したが
旧沼地の地形図



ご覧のとおり、地形はかなり複雑となっている
慣れないうちは迷うことが屡
ここで役に立つのが、ペイントボールや自動マーキング、探知といったスキル
初見はどれか一つ備えることをお勧めする。

モンスターの出現は同時にというわけではなく、狩猟していく度に出現していく
順番は、レイア亜種→フル亜種→グラビ
レイア亜種は梃子摺ることはまずない、問題となるのがフル亜種とグラビ
フル亜種は弱ると洞窟に退避するため、そこから繰り出される
天井張り付き→涎攻撃→飛び降りのコンボが恐ろしく凶悪
涎攻撃は油断しなければ喰らうことはないと思うが
G級の飛び降りは非常に追尾性が高く
事前に前転回避しなければ、被弾することが多い
それもあって
洞窟なだけに、天井に張り付いてそのまま逃走することが極めて多い
そこから7、8、11のいずれかに逃げるわけだが
上記の地形図から見ても
8と11はかなり距離があり、どうしてもタイムロスとなってしまう
このクエストのキーポイントは時間
どれだけモンスターを早く狩れるか、早さが勝利の鍵となる。

自分が双剣でやってみた結果、レイア亜種は難なく10分で狩猟
フル亜種は何回も移動した結果、20分以上食った
グラビは然程移動はしないため苦労はしなかったが
狭い地形での戦闘は、グラビの方が十二分に有利
G級なだけに攻撃力は下位の約3倍もあり、集中が切れれば
あっという間に昇天し兼ねない
それと残り時間がかなり惜しいというもの。

フル亜種を狩猟して、残り時間はもう僅かだった
爆発、咆哮、斬撃、戦いは熾烈を極め
残り時間あと5分という綴りが現れた瞬間の焦り
それでも、何事も最後まで諦めてはいけない
諦めたらそこで試合終了だ
決死の乱舞を続けた結果






見事、クエスト達成
どんなに想像を絶する状況の中に居ようとも、最後まで諦めない意思を貫けば
勝利の女神はこちらに微笑む
諦めない意思こそが、真の勝利の鍵なのかも知れない。


関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 PSP ハンティングゲー モンスターハンターポータブル2ndG MHP2G

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します