ガーメイル、襲来

カテゴリ: リアル
 2012//24
  •  0
  •  -
どうもゲームに関する記事ばっかで偏ってる。…気がする
ということで、久々のリアル日記。

近頃は蚊に苛まれる日々が続き、寝込みを襲ってくる蚊が出現しまして
夜な夜な執拗に耳元で羽音を立ててくるもので、おかげで睡眠不足。
そこで殺虫剤を撒いて解決するんだけど新手が出現して、ここんとこ立て続けにループ。
電気蚊取をつけっ放しにしても、見計らったかのように毎晩毎晩耳元でプ~~~~~ン
これはもう白旗ものですよ…
と思ったら、最近は何事もなかったかのように出現しなくり、安堵の胸を撫でおろす。
これで安心して寝れる!

かに見えた

それは金曜の夜の出来事
寝る前に念のために殺虫剤を部屋中に撒いてたら
それに反応したのか、一匹の黒い物体が姿を露にする
めっぽう虫に弱い自分は思わず飛び退いたぐらい不気味なヤツだった
大きさからして最初はgkbrかと思ったけど、どうやら蛾だったらしい
それもとんでもない大きさの…
例えるなら、バイオハザード2に出てくるジャイアント・モス(閲覧注意)
思えばこれが、地獄の始まりだった…

慌てて殺虫剤を噴きかけるが、飛び回って暴れだすだけで益々手におえなくなる
しかもそいつはアグレッシブなのか、こちらを目掛けて飛んでくるもんで、もうちびるレヴェル。
蛾がここまで好戦的だったとは…。ガーメイルめ!
とりあえず、殺虫剤はかえって逆効果なため戦力外通告。
それにチキンな自分は遠くからしか噴射できなくて、当たるにも当たらない始末。
渋々と遠く離れて、手を拱いた
一方で蛾は警戒を解いたのか、カーテンに張りついて離れようとはしなかった
これが一番恐ろしいパターン
なぜなら、確認しに近付けば急に飛び出すケースもあるからだ
そうなった日には「ひぃっ」と悲鳴を上げる恐れがあるので、グッと堪えた。

そうして劣勢が続くこと30分、寝る時間がただただ過ぎてゆく…
このままでは膠着化する可能性があるので、ここらでリーサルウェポン(最終兵器)を解禁。
リーサルウェポン、そいつの正体は…5世紀から現存し続けた掃除のお供、箒のご登場
こいつはとんでもないオールマイティだぜ…
突く、叩く、薙ぐ、といった様々な戦法がある、まさに現代に甦ったポールウェポン。
なんで最初からそれを用いなかったのかはさておき
蛾がカーテンに張りついて大人しくしてるところを狙って、ポールウェポンで叩くのが得策
なぜなら蛾の近くには障害物があって、ヘタをすれば外しかねない
ここは一撃で仕留めないと、蛾に逃げられてしまう
そうなってしまえば、泥沼化する恐れがある。
だから、ここは一撃必殺をお見舞いしなければならない。

意を決して恐る恐る、差し足で蛾に接近する
ポールウェポンを構えて、タイミングを見計らう
ごくり、と唾を飲み込んでから渾身の力を込めて、箒を振るう!
見事にクリーンヒット!
丁度、カーテンともども壁に押し当てたため
ここは追い討ちをかけて、その一箇所を何度も何度も何度も箒で叩いた
ここで仕留め損ねると反撃してくるだろうという恐怖から、全て怨嗟をぶつけるかのように、蛾を叩きのめすという思いで、必死に壁を叩いてた
傍から見れば、変人かもしれない。
それでもこの戦いを制したのだ、本当に、死闘だった…
おどおどしながら箒を離すと、蛾は床に転げ落ちていた。
箒で突っついてみると、なんたる事か
弱々しくもまだ生きてたではありませんか
ここは箒を用いて外へ放り出した。

こうして壮絶な戦いを終えて、眠りにつくことが出来たのだった。
ふと思い出すと、蛾を仕留めた直後に武装錬金のパピヨンの台詞が脳裏を過ぎった






「貴様はまばゆい光に惹かれてうろつくだけ。
一人では高くも遠くへも飛べない、醜い蛾だ!」


関連記事

タグ:リアル 日記

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します