スカイリム 冒険日記8

カテゴリ: スカイリム
 2012//19
  •  2
  •  -
悪人プレイは飽きたので、新キャラで一からやり直し。
今回も男キャラでやりたかったし、男性用MODを導入してからプレイ。
バニラだとおっさんかマッチョしか作れないため(呆れ)

前回書いたとおり、SAOのキリトくんっぽいのを作ろうかなって事で






初となる種族ブレンドを基に作ってみた。
こ、個人的にはいい線いってると思うけど…(震え声)



比較

こうして並べてみると全然似てないという事が見て取れる(遠い目)
チッ、やはり即興で拾ったMODじゃこんなもんか。
というのも、女性用MODと比べて男性用MODの数は少なすぎて探すのも一苦労。



横顔

うーん、まぁこれで妥協してやらない事もないが…



このザマはなんだ

ヨボヨボじゃあねェか─!
まるで整形失敗したような、そんな顔だ…
これはアカンでぇ。



な、名付ければそれらしくなるんじゃないかな!主に脳内で。
って事で、名前はちゃんとKiritoで。

とにかくにもこれで決定。
ゲーム開始。



物語は、スカイリムに不法入国しようとしたところを帝国軍に捕まり、ヘルゲンにて処刑されるところから始まる。
主人公以外に捕虜がいて、今にも処刑されるこの人物もそのうちの一人だ。
もっとも彼の場合は、帝国軍にあだ名す反乱軍の衛兵という立場上、処刑台に掛けられる事となった。
このようにして帝国軍は権力で物を言ってそうだな。
今までは成り行きで帝国軍ルートを選択してたけど帝国軍の敵側に回って、反乱軍に与するのも有り、か。



ズブッ

本当にやりやがった。



反乱軍「帝国軍のクソッタレが!」

やはり捕虜は殆ど反乱軍だったか。
帝国軍と反乱軍の関係についてはryで。



帝国軍「次、そこのブレトン!」

やがてキリトくんの番が回ってくる。



しかし、耳を劈くような凄まじい咆哮が天より発せられ、周囲がざわざわと騒ぎ出す。



帝国軍「構わぬ続けろ。次!」

キ「(ああ…。どうあっても処刑は免れないか…)」



キ「お、処刑人か。優しくな?(迫真)」



(画像クリックで拡大表示)


キ「うわ、処刑台に掛けられた!や、やっぱ死にたくない!」



(画像クリックで拡大表示)


キ「おいおい、嘘だろ?勘弁してくれよ!死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜとか言って悪かった!」



(画像クリックで拡大表示)


キ「(なんだ背後のアレは?こっちに飛んでくる…?)」



(画像クリックで拡大表示)


帝国軍「一体あれはなんだ!?」



(画像クリックで拡大表示)


帝国軍「おい、なんかいるぞ!」



(画像クリックで拡大表示)


反乱軍「ドラゴンだ!」



(画像クリックで拡大表示)


ゴァァァァァアアアアアアア!!

キ「(グッ!なんだこの咆哮は。鼓膜が破れそうだ…!)」



(画像クリックで拡大表示)


キ「(咆哮一つで、空が淀んだ…)」



(画像クリックで拡大表示)


キ「よし、ドラゴンに注意が向けられてるなその隙に…ん?なんだこいつは」

「おい、ブレトン!脱出できるチャンスだ!とりあえずついて来い!」



(画像クリックで拡大表示)


キ「(この建物に避難すればドラゴンと帝国軍からは逃れたが、これからどうすれば…)」



(画像クリックで拡大表示)


「やべぇ!退け!」



(画像クリックで拡大表示)


キ「(外に出たはいいが、どうすればいいんだろ。そうだ、こいつについて行くか。帝国軍のこいつなら逃げ道を知ってるかもしれないし)」



(画像クリックで拡大表示)


キ「(帝国軍も反乱軍も奮戦してる。こりゃ処刑どころじゃないな…)」



(画像クリックで拡大表示)


キ「酷いな…」



(画像クリックで拡大表示)


その後かくかくしかじかでチュートリアルを終え、やっと自由に操作できるようになった。



(画像クリックで拡大表示)


コンソールも使えるようになり、コマンドでゴーストブレードとレッドイーグルベインを取得。
ちなみにこのレッドイーグルベインはMODでリテクスチャしたもの。



やっぱ、キリトくんは二刀流だな!実にサマになってる。
服装もそれらしいもの、ギルドマスターセットにしといた。

ちなみに、チーターであるキリトくんって事でチートを用いて全シャウト習得済み。
全シャウトを習得した状態で最初からやったらどうなるか






こうなる。

ハドバルゥゥゥゥウウウ!!

いやはや、シャウトである氷晶が楽しすぎて思わず連打してたらハドバルに命中しちまった
ハドバルごめんなさい(ご満悦顔)

関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 PCゲー 洋ゲー スカイリム Skyrim TheElderScrollsVSKYRIM TESV

2 コメント

ごちきち  

こんばんは~。
ハドバルさん氷漬けじゃないですかw

チュートリアル中は死なない彼ですけど、とんでもない目にあってますねw

2012/12/19 (水)  ID:mQop/nM. | 編集 | 返信 |   

メル  

Re: タイトルなし

こんにちはー
ハドバルさんは犠牲になりました…w
いやはや、攻撃してもやり返さないハドバルさんの寛大な心に敬服しましたよw

2012/12/21 (金)  ID:2NKnmN5w | 編集 | 返信 |   

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します