ティアラコンチェルト プレイ日記4

 2013//20
  •  0
  •  -
前回までのティアラコンチェルト

シンフォナーになるべくプレイヤーが乗艦する浮船ファビオ運輸船は、
連邦の奇襲を受けてしまい、応戦するも忽ち侵入を許してしまう。
だが、それは陽動であり、連邦の別働隊は姫殿下がいる城塞を襲撃並びに制圧してしまう。
動機は依然不明のまま連邦は城塞を占拠する。
その目的は、姫殿下の身柄確保である事は、誰の目にも明らかだった。
危惧の念を抱いた姫殿下は、古代魔法の一つである座標転移(ジャンプ)を用いて、
何かに導かれるように、プレイヤーのいるファビオ運輸船の甲板に転送を果たし難を免れる。
だがそれは、必然的にファビオ運輸船が標的になるという事でもあり、
すかさずそこを連邦のモビルスーツが来襲。
密航者バトーが足を引っ張りつつも、プレイヤーは防戦一方を強いられてしまう。
悪戦苦闘するも、上官ジュリアと沖田艦長の助力によってその場を凌ぐ。
これにより連邦の指揮系統に断裂が生じ、目的を果たさないまま撤退を余儀なくされる。
満身創痍ながらも、プレイヤーとその一同は辛くも勝利するのだった…。

(一部こじ付け有り)



そして






なんやかんやあって、無事シンフォナー(?)になった。

装備も幾分マシになったところで



クエストを進めることに



精神衛生的によくないものと出くわしたりしたが、何のことはない。

遠距離からの射撃で退治余裕でした



今回のクエストのメインターゲットとなるボアドックとご対面
強そうだナー(棒)
ボスっていう風格が漂ってるが…



テメエの顔も見飽きたぜ!(一応初対面)
奥義!ファイナリティブラストー!!(ただの突き攻撃)




貧弱!貧弱ゥ!



ヒャッハー!金目のもんは頂いた事だし、けえるか

という見事な小悪党っぷりで、
ボアドックの私有地を不法侵入&その所有物を強奪

シンフォナーあるまじき行為だな…
それとも…シンフォナー自体が悪なのか!?

やはり



ズール皇帝こそが正義だ!(迫真)



クリアランクはSだけど
悪行の限りしか尽くしてない気がするが、こんなでいいのか!?

と思いつつもクエスト進行を継続



次の標的は、あの
ムシキングに出てきそうな巨大虫(ここで精神衛生上ストレスがマッハ)



テメエの顔も見飽きたぜ!(激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム)
滅びのスターバースト・ストリーム!!




虫なんてヌルすぎるぜ!(キリット



クリアランクS!

これでSランクシンフォナーに昇格確定だな…(ドヤ顔)



健全たる男性諸君ご待望のコーナー
今日のジュリアさん!






むちむち絶対領域が、

今日も明日も、

際立つ。

ちなみに右にいるのは教官の幼女クーシィたん
語尾の「じゃ」がなんとも印象的。

そして











┌(┌^o^)┐ホモォ......

関連記事

タグ:オンラインゲーム ネトゲ ティアラコンチェルト TiaraConcerto

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します