MoE 漂流日記13

 2013//03
  •  0
  •  -
前回ではスニーキングが失敗してしまい、アマゾネスルーキーという強敵に発見される。
窮地に立たされるも、「追い詰められた狐はジャッカルより凶暴だ」の如く
アマゾネスルーキーの猛追を退け、歩くような速さで進行を再開させた。
道中これといった障害は無く



斯くの如し、ガルム回廊がすぐ眼前まで迫っていた。



一先ず、ガルム回廊に到着
後は目標となるNPCを探し出し、ぎったんぎたんにすればいいだけ。



wikiによればイプス峡谷入り口付近に屯してるとの事で、真っ直ぐ向かう。



お?キャンプを張ってる連中がいる
彼奴らか…



おは(U^ω^)わんわんお!



あからさまにならず者である事が見て取れる。



ー  _. : : : : : :__           \   〉:.: }:  }__
    `ー ´ ̄ ̄. . : : : . .     \ }..:/: : /: : / /
: : : : .   : : : : : : : : : : : :/ー―`---\: : : :ィ{: :. {
ゝ: : : : : .  : : : : : : : : : :,′ |        ̄  }: :  }
: : : : : : : : : :     :_;/   }      |   │:./
: : : : :ー : : : : : : : : :_;ノ   /        |   / ∨
∨: : :  ̄.: : ―<:..:.|     ,.ィ二ヽ   │ { ノ:.〉
__\: : : : :/ ⌒ヽ |: :|      /ゝ ニ==〉 レ'ィ/
`ヽ : : : : :{ {   〉 :.:|      ,.< 艾//ミ {-丐
  乂 : : ∧ } 〈 |:..:|        /    :, }
     >:.:小、__j:..:{  \           ∨
  /レ{: : ト、{ r=':.:.:|  │        -:.>′ ならず者は人間じゃない!!人の物を簡単に奪う!
´~| \乂_|  /: :.. \  }    ,:/  ̄ ̄ 〈    ならず者は殲滅する!
.....|  \   `¨フ:..:. \    { ィ ´ ̄Yハ`    
.....{     丶   `ヽ: : \    ー==='''} い、
.......丶        丶   \:..: \_,ィ_,ィノヽ八 ヾ\
  ............\      \   ヾ: :         }  \::、
        \     }  /レヽ: : : : : : : :/   /:::i
        \  ____{ {  |  \: : : :ィ/, '~~::::::::}
          \└┐   }  く `T〔{/:::::::::|::::::/




おはマーノ

今回のクエスト目標(ターゲット)のマーノさん
行く前からぶっ倒す自信満々だったけど






(画像クリックで拡大表示)


うーんこの体格差…
やばい畏怖の念を抱いた。



ええっ!もう!?ま、まだ心の準備が…



ええい!背に腹はかえられない。守ったら負ける。攻めろ!



どっせい!どうだ参ったか!

マーノは然程強くなく、ダイイングスタブというスキルを駆使してくるけど
ちゃんと回復してれば



倒せない相手ではない。

しかし、なんだその「我が生涯に一片の悔いなし」的なやられポージングは。



目標を倒した事でクエストが進行した。
あとはオグマに報告するだけか。



しかし、このマーノという男、実はいい人だったんじゃないか…?
最後まで微かな疑問が残り、そんな後味の悪いクエ…






ちゃっかり生き返ってるし!

あくまでもNPCだし、当然といえば当然か。



あ~シラけた。
よっこらせっと、ここまで遥々徒歩で来たんだ、ちょっと一休み一休み。



調子いい事にマーノを目前にして色んなポーズを取ってみたり



天は我々を見放した的なポーズ



おーほほほほほ!ひれ伏しなさい豚。アナタは豚なのよ豚!お分かり?的なポーズ



付近の(U^ω^)わんわんお!をしつけてみたり
「待て」をしたかったのだけど、てんで言う事きいてくれなかった。
狂犬だからねしょうがいね



ふとゾーン情報を見ると、このマップに自分ひとりしかいなかったり。
いつも思うんだけど、このマップは人気がなくて閑散としてる。
スキル上げ&金策が悪いからだろうか。

それはさておき、後は帰還してオグマに報告すれば終了。



来た道を引き返さないといけないのか…と渋々思ったり。
実にテレポが欲しいところである。



(画像クリックで拡大表示)


もうすぐ日が暮れるし、直ちに帰らなければ。



出発進行ー

北へ~ 南へ~ 東へ~ 西へ~
たどり着くまでに太陽が笑う~



道中、鹿の群れに出くわすも非アクティブMOBで安心した。

進行再開



何事も無くレクスール・ヒルズの中間辺りまで来た

のはいいけど…



なにこれ

いつの間にかリンクされてたのだろうか、ターゲット画面が表示されてた。
しかもその相手は、このマップ随一の屈強を誇るグリフォン系MOB!



振り返ってはいけない、振り返れば八つ裂きにされるだろうと思い
全力疾走でガードさんのところまで避難。



知らないうちに57ダメージもの痛恨の一撃を被ってたり。

あいつはやばい
やばすぎてやばい
このままビスク城へ…



入らず。

なにを思ったのか、グリフォンウィットネスのいる方角へと向かう。
これは、是非もないブログネタ!とブロガー魂がいらない時に炸裂し、
SSを一枚だけでも撮りたくて、グリフォンウィットネスの所へ無意識に足が動いた。



ネックとなるのは、またあの砦を通過しなければいけないという事。
アマゾネスに見つかってしまえば、今度こそ四肢バラバラにされるに違いない。



でも2度目だし、そうは問屋が卸さないとはこの事で。



砦の見張塔を中心にしてぐるぐる回れば、アマゾネスに捕まる事はない。
その様はいたちごっこ宛ら。


隙を見て一気に駆け抜ければこっちの勝ち。

残念な事に、グリフォンウィットネスの姿は既になかった。
調べによると徘徊癖があるようで、時折初心者の集まるキャンプ場までやってくるらしい。
こわ。



ビスク城に戻って、オグマに報告。



報酬の刀剣も賜った。

素晴らしい。

修理による最大耐久度低下を行わない
耐久度による武器の破壊が行われない

って所がとくに素晴らしい。

これが、天を裂き地を割る宝具の誕生である。

関連記事

タグ:オンラインゲーム ネトゲ マスターオブエピック MasterofEpic MoE

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します