Epic Perfect World プレイ日記5

カテゴリ: Epic Perfect World
 2013//16
  •  0
  •  -
暫くだった。
やはりというかなんというか、EPWを持続するだけのモチベは持ち合わせていなかった。
始める前から見当はついてたが、不慣れなゲームほど不安定なものはないな。
とは言っても、着実に仕様を把握しつつあったが。
本鯖は未プレイとはいえ、聰明が為し得る業か。
まあ、折角なんだし幕引きとして自キャラのSSでも貼ってhshs…もとい、愛でるか。
冗談はさておき、ここまで綺麗な3Dグラフィックで、こんなprpr出来るキャラが作れるゾ!
という親切な意味合いが含まれている。…と思う。きっと、たぶん、おそらく、めいびー




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)


如何にもノムリッシュ臭がするけど、何の事はない。
SS大量につき、残りは下記の【続きを読む】にて。 と、その前に補足説明しておこうか。
このゲームのもう一つの特徴は、ファッションデザイナーが手掛けんじゃないかと思うほどの
大量に用意された、数々の魅力的なファッション装備。

本鯖だったら、課金アイテムに分類されるのは言うまでもない事だが
ここはエミュ鯖。
なんと、それらは全部NPCで、しかも安価で買い揃えられる。

セットから、単品のものまで。
染色も出来るため、セットに拘る必要もなく
各部位を別々のもので組み合わせて、自分だけのコーディネートが作れるのも魅力の一つ。
だが、それだけじゃあないんだなこれが。

色んなコーディネートが出来るとして、一つしか装備出来ないんじゃ意味ないじゃん!

なんて、思う事もあるだろうが
実はなんと




(画像クリックで拡大表示)


ファッションチェンジという、コーディネートをセット出来る機能がある。

しかしそれだけじゃない。

自分が設定した時間毎に、セットしたコーディネートに自動的に着替えてくれるのだ。
ファッション装備は、インベントリアイテムとは別の枠に仕舞えるうえに
最大80スロットで、コーディネートのセットは20まで出来る。

自分は30分毎に設定してたけど、ダンジョンに長時間篭る時の時報になってくれた。

それは、さておき
以下、自分が組み合わせたコーディネート。
いわゆる、ファッションチェックのコーナー




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)


最後の一枚はファッションではなく普通の戦闘装備。
ファッションか戦闘装備に切り替えられる。
このゲームは戦闘装備のセット効果とかで、発光とかの特殊エフェクトが付くため
中二心が非常に擽られる。




(画像クリックで拡大表示)


VOTEで入手した課金産飛行ユニット。




(画像クリックで拡大表示)


こうやって見ると、スタンドっぽい。




(画像クリックで拡大表示)


乗り物である狐ことコン太くん(勝手に命名)
中々に神速な奴だった。




(画像クリックで拡大表示)


レベルキャップは150だけど、残すところあと5でカンストが目前まで迫っていた。
ちなみに、メインとしていたジョブは神霊族の剣士。
いわゆる魔法剣士。
魔法剣士だけあって、スキルのそのエフェクトはどれも見応えがある。




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)



 border=
(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)


いずれもこれでバフスキルってんだから驚き。
攻撃系スキルはあまり撮ってないけど




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)


大体こんな感じ
魔法の剣を召還したり、斬撃の衝撃波を飛ばしたり、剣を地面に突き立てて無数の刃で敵を串刺したりと、中二病御用達ジョブといっても過言ではない。


本当に楽しいゲームであるが、鯖の仕様上やる事がすくなくなるというのが致命的。
強くてニューゲームは楽チンだけどその反面、面白味を殺してしまうため、考え物である。
かといって、低倍率は低倍率で最初とかかなり辛いだろうな。
これで、最初で最後のパーフェクト ワールド -完美世界-にして幕を引くとしよう。

いやはや、実に…






(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)




(画像クリックで拡大表示)


楽しいゲームであった。

メル の ネトゲ探しの旅は まだ 始まったばかりであぁるぅぅうぅ(若本規夫)

関連記事

タグ:オンラインゲーム ネトゲ パーフェクトワールド パーフェクト・ワールド 完美世界 PerfectWorld PW EpicPerfectWorld エミュ鯖 PrivateServer

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します