Clematis鯖 プレイ日記1

カテゴリ: Clematis鯖
 2014//19
  •  0
  •  -
少し前のことになるが
Reborn RDR鯖を後にしてから、たかし君を引き連れてClematis鯖に凸をした。
Reborn RDR鯖より倍率はやや高めで、同様にオリジナル要素が豊富と聞く。
たかし君とはDreamerRO以来のROだが、食わず嫌いのたかし君が低倍率でやっていけるのかと開始初っ端から不安だったり。

Clematis鯖の仕様


経験値倍率:100/100
ドロップ倍率:50(全て)
レベル上限:150(上限突破クエスト時155)
ASPD最大値:193(一部イベントマップは190)
転生回数:3回
首都:オリジナルマップ
無詠唱:DEX 160
ソロ合奏可能 (3次も使用可能)
MVP、中ボスの沸き時間1/2
リセット機能あり (スキルはスティック形式、NPC形式の2通り)
蜃気楼、エンドレスタワー、精霊、朧、影狼実装(一部未実装、独自)
オリジナルマップあり
オリジナルモンスターあり
オリジナルペットあり
オリジナルアイテムあり
オリジナルシステムあり


聞くところによると、Clematisの接続人数は200にも及ぶとのことで
多少は倍率が低くても鯖内が賑わってればネトゲとして成り立つという、尤もらしい結論から
見方によっては、低倍率も楽しいのでは?という一つの回答が導き出された。
やはり人が多ければ多いほど、ネトゲも、ROも楽しい。






旬なだけあって活気付いている。
これは逸る気持ちを抑え切らずにはいられないというもの。



開始早々、首都において出現するオリMOBの一匹であるプーリンに狙いを定める。
というのも、こいつを倒せば大量のEXPが入るのでは?という浅はかな考えから、この愚行に及んだ。



未知なる強さを秘めたプーリンに対して、我々科学調査隊一同はオトリ作戦による退治を図った。この作戦はたかし君をオトリにすることで、プーリンをジワジワと追い詰めつつ倒すというシンプルなものだ。

この作戦において重要視されるのは、仕掛け役。
どれ程HPを減らせたかによって、作戦の成功が大きく左右される。



オトリ役も、気を抜いてはいけない。
一瞬でもプーリンに追いつかれると、たちまちこうなる






我々科学調査隊に明日はあるのだろうか…。



やはりここは、普通にレベリングしたほうがええんとちゃうの?という尤もらしい結論から
迷宮1でポリンを数匹殴ってから、転職可能なレベルに達した。



開始から20分、普段から断固として男キャラに限定するたかし君に疑義の念を抱く。
なんでも、RO復帰に伴い性別を変えたそうで。
まぁそれならしゃーないな、とか新規アカで女キャラを作っていると



いつの間にか多重起動で両性別のキャラを作ってやがる。
それならこっちも先ほど作った男キャラを再度ログインさせるべく、多重起動をすると






出る杭は打たれるという諺があるように、今は日陰に咲く花でも、いつかは暖かな陽射しの下に当たりたい。



前代未聞の多重起動による、育成の始まりだ。



狩場どこがいい?と問われるも、ブランクのせいでパッと答えられず
たかし君が提案してきたのは、なんとプロンテラ地下水路。

また懐かしい場所だな…と感慨にふけてから、プロンテラ地下水路を訪れた。



金策としてか、貪欲にアイテムを拾っていくうちにアイテムが100種類を超えたらしい。
現段階ではこの鯖での収入源は我々には分からない。
分からないからこそ、どんなにしょぼいドロップ品であっても一銭もの価値あり。
如何せん、一文無しなのだ。



今なら4人で殴ればプーリンを倒せるのでは?という愚考から、プーリンに再挑戦。
多少、レベルは上がったしプーリンの攻撃に耐えられるようになった。
これはもしかしたら…倒せるのでは?






はい解散



次の狩場を模索していると、アーチャーと槍が使える剣士がいるなら将軍がよいのでは?
という思案から、まず得物となるべくパイクをワームテールから頂戴する。

なんだろう、こういう自給自足なところは本当にネトゲの醍醐味ってものよな。
本鯖をやってるみたいで、実に悦楽このうえない。



ギシギシという不快音を立てる将軍を数匹屠ってから



4人とも転職を果たした。

関連記事

タグ:RO RagnarokOnline ラグナロクオンライン エミュ鯖 エミュ Clematis Clematis鯖

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します