Don't Starveでサバイバル生活 1日目

カテゴリ: 洋ゲー未分類
 2014//09
  •  0
  •  -
2013年4月にリリースされたDon't Starveをやる事に。
100万本セールス突破したとか、ミリオン達成したとかでSteamでもやたら高評価。
SteamでR$ 27,99で販売されてるけど、PS4に移植されたっぽいしPSVにも移植される予定。
Metacriticは79/100と中々の数字を叩き出している。
日本国内ではあまり名は聞かないが、移植された事で一気に流布しそうだ。
とりあえず、いざやろうと思ったらMODが導入できるとの事で…
Don't Starve MODというキーワードを頼りに、片っ端からMODをDLしていく。
どうもゲーム自体はいいらしいのだが、どの洋ゲーにもありがちな事だけど、有志によるMODがやたら有用という事もあるが、洋ゲーには必ずと言っていいほど外人による融通が利かない点がいくつかあったりする。それをなんとかするのがMODという存在なのだ。
スカイリムと違ってMODの導入は然程難しくはない。ただ、日本人によるMOD紹介は少ない。
まぁ、まだあんまり知られてないし致し方ない。
紹介してるブログの勧めでいくつかMODをぶち込んでから、れっつらプレイ






(画像クリックで拡大表示)


ニューゲーム画面

キャラクター選択、ワールドの設定、DLCのオンオフ切り替えなどが事前にできる。



(画像クリックで拡大表示)


ワールド設定

テラリアとは違いワールドは細かく設定できるらしい。
マップサイズは勿論の事、季節や天候、資源や食料、非敵対動物や復活地点、洞窟の入り口や地形の分岐など。

初見プレイという事もあり、左にあるプリセットをデフォルトにしておいた。



(画像クリックで拡大表示)


キャラクター選択

ストーリーらしいストーリーはないものの、プレイするキャラは選択しないといけない。
キャラメイクはできなく、用意された9人?の中から一人を自キャラに選ぶ。
このウィルソンとかいうキャラはパケに出ている初期キャラ。



(画像クリックで拡大表示)


というのも、他のキャラはロックされている。
使用条件として生き延びた数だけ、アンロックされていくっぽい。
各キャラにはステータス値の違いや、能力に相違がある。

なんとなく初期キャラが嫌だったので、MODで導入したカスタムキャラを選択。






(画像クリックで拡大表示)


あぁ^~Sollyzたそかわええんじゃぁ^~

多分恐らく、数あるカスタムキャラの中でもSollyzがナンバーワンでしょう。
デザインからして日本人が作ったものだろうなぁ。
ちなみにこのカスタムキャラにも能力が備わっていて、なんとそれが
魚を食べるごとに強くなっていくんだそうで。見たまんまの猫娘か。
この能力によりバランスブレイカーとも呼ばれているが、そんな開始初っ端から魚を取得できるわけじゃあないだろう。能力が高いに越した事はないし、何よりも目の潤いになるってもんよ。



(画像クリックで拡大表示)


プレイ開始!しようとしたらこんな警告文が

どうやらDLCのReign of Giantsは高等向けだそうで。
要するに初見プレイには向いてないそう。
という事で、急きょオフに切り替えてゲームスタート。



(画像クリックで拡大表示)


ワールド作成

これはテラリアを髣髴させる。



(画像クリックで拡大表示)


画面が暗転し、変なおっさんに「夜が訪れる前に食料を確保しなければいけない」と忠告される。どういった理由で無人島に流されたとか、導入部はとことん端折られてる。
見慣れぬ荒野にポンと放り出され、チュートリアルもなしにゲームスタートときた。
サンドボックスゲーだけあって、そういう面倒はなくていいんだけども。
そしてレビューにも書いてあったように、難易度はかなり高いとの事。



(画像クリックで拡大表示)


おっさんがスッと消えると、ゲーム開始。
なんというか、イラスト絵がそのままゲームになったようなグラフィック。
こういうグラは嫌いじゃない。むしろコミカルで和めるってものよな。

大半の人はこの後どうすればいいのか分からず詰むらしいが、wikiと睨めっこしていた自分に死角はなかった。来る夜に備えて食料と材料を確保しなければならないのだ。
夜になった時点で暗闇が容赦なく襲ってくるからな、日時には常に注意を払わないと。
ちなみにこのインターフェイスもMODによるもの。
このときは昼時であるものの、時の流れは早い。
アイコンで確認できるにしても、時間という見えざる敵が一番の恐怖だ。
この無人島で何日間、いや本当に生き延びる事ができるのかと慄いたところで






(画像クリックで拡大表示)


Sollyzたその仕草が可愛すぎて一気に和んだ。



(画像クリックで拡大表示)


とりあえず一分一秒の間ステータスは減少しているので、直ちに行動あるのみ。
wikiによれば、1日目は食料なくてもなんとか生き延びれるとの事。
今夜を凌ぐための焚き火の素材の一つ、小枝を集める事に。
小枝は目の前の苗木から採取できる。



(画像クリックで拡大表示)


一度漁った苗木は完全には無くならず、また採取できるようになる…のか?
とにかく資源も心配だなこりゃ。
テラリアだったら、ワールド内の木々が多くてそんな心配もなかったが…。



(画像クリックで拡大表示)


なんか視点が遠くて見づらく感じてたけど、カメラズームはちゃんとできるっぽい。
カメラ回転は知らないけど、こういう見下ろし型の視点ってROを想起させる。
ブログに載せる場合はズームアップの方が良さそうね。



(画像クリックで拡大表示)


木から木材を得ようとするも、斧持ってないし当然の如くできなかったり。
Full英語なのがネックだが、中学レベルの英語でもなんとかなったりする。
ちなみにPS4版はちゃんと日本語化されている。



(画像クリックで拡大表示)


あからさますぎる罠に草生えた。
動物とかを捕獲するためのものだろうが、なんというかシュール。
すぐ近くにいる鳥は殺せるし食料にも使えるが、近付いただけですぐ飛んで逃げる。
要するに、こういう罠を用いて動物を捕獲するんだろうな。
ちなみにこのときはちゃんと機能してなかったのか、捕まってくれなかった。
初となる貴重な食料が…。



(画像クリックで拡大表示)





       /ヽ       /ヽ      ┌┐ r‐――‐ 、
       /  \___/  \     | |  | r--- 、 l
     /            \     | | └┘ ノ ノ
    /  ∪            ヽ   | |    i"´/
    .|     ●      ●   |  └┘   └┘
    .| し     (_人_)    /   ┌┐   ┌┐
     \             /     └┘   └┘

Skeletonって…マジか
う、動き出したらどうしよう…(困惑)
とりあえず得体が知れないし保留。



(画像クリックで拡大表示)


草も素材に必要って事で毟り取る。



(画像クリックで拡大表示)


お?ニンジンや!食料や!
ニンジンの他にも、果実とかが生えてたりするものだから存外餓死しなさそう。

…とか思っていた時期が自分にもありました(AA略



(画像クリックで拡大表示)


お!あれはウサギや!
肉を剥いで食料にできそうだが、如何せん戦う手段がない。
のちのち、直々に屠ってやろう。必ずな!






(画像クリックで拡大表示)


うっ…ぎィにゃああああ…うわあああああ






ぶ、ブタが顔を出してるぞ!(ポルナレフ並感)



(画像クリックで拡大表示)


そうして、夕暮れ時になった。
刻と一刻、夜が迫ってきている。



(画像クリックで拡大表示)


探検してる場合ではなかった、かき集めた素材で焚き火を直ちに作成。
素材は確か、草3つに木材が2つだったな。



(画像クリックで拡大表示)


雰囲気が良さそうだったので海辺に設置。
海に落下すればどうなるかなんて知る由もない。






(画像クリックで拡大表示)


\( 'ω')/ウオオオオアアーーーッッ!!!
暗ええええええええええええええええええええ!




(画像クリックで拡大表示)


あ、もしや焚き火の火を維持しないといけないのか



(画像クリックで拡大表示)


おおう、小枝を投下すれば火の明るみが増す!
つまり、焚き火を設置しただけじゃイカンのね…。
こりゃ、素材集めを怠ってはいけない(戒め)になりそうだ。



(画像クリックで拡大表示)


そうして…夜が明けた。
どうにか何事もなく1日目は生き延びた。
だが、2日目からが本番だ。
この時点で空腹度が半分減少していたし、ある程度の食料を確保しなければ…。
空腹度はまだなんとかなるが、問題なのは正気度だな。
あれが減少すると、とんでもない事になるらしいし(意味深)
とりあえず、時間が惜しいし朝一で散策しなきゃ。











(画像クリックで拡大表示)







関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 PCゲー 洋ゲー Don'tStarve DontStarve

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します