テラリア SS集2

カテゴリ: テラリア
 2015//26
  •  0
  •  -
連日更新を決したはずが何如、再び更新間隔を空けたようだ。
地味で微妙な作業に追われてるせいか、少水の魚同然、死んだ魚のような目をして「テラリア…テラリア…ヴビビッ!!」と呪詛宛ら繰り返し繰り返す日々が、今日も今日とて続いてゆく。
しかして、テラリアのアップデートがきた暁には、水を得た魚の如く狷介不羈、一切合切、柵から解かれよう。羈束された状態では、聊か便無し故な。

そんなわけで、本日のテラリアSS消化。






(画像クリックで拡大表示)


前回に記述したとおり、それまではシングルプレイが主だったが、たかし君と二人でマルチプレイする事となった。
たかし君のワールドを基点に、マルチプレイが常となった頃からテラリアが十倍増し楽しくなった。上記のSSはやり始めてからハードモードに入る前まである程度進めたところ。
この頃はハードモードどころかボスの存在すら知らなかったものだから、ほぼボスの奇襲となった。



(画像クリックで拡大表示)


自宅内での戦闘を強いられ、当然ながら足場が悪すぎてクトゥルフの目玉の方が地の利を得ていた。
ならばと、間合いを取りつつ遠距離攻撃で勝てる気がした。



(画像クリックで拡大表示)


取り立てて、苦戦することもなくクトゥルフの目玉を撃破。
狭い空間といえど、不規則な移動法で攻撃を往なしさえすればお茶の子さいさい。一番最初に対峙するボスだけあって、とくに怖い攻撃もないし。
たかし君の残りHPを見るかぎりでは梃子摺ってたようだが、戦いの場がセーブ地点上ながらその場ですぐ戦線復帰が成せる故、何の事は無い。



(画像クリックで拡大表示)


上記のSSからだいぶ経過しハードモード突入は勿論の事、装備がマシになった頃。
海賊の襲撃イベントが発生した。
ゴブリンとは違い、物量的に中々に手強いため油断するとやられ兼ねない。



(画像クリックで拡大表示)


だがしかし、ブロックの工夫次第ではノーダメで大量に倒せて金策が捗る。



(画像クリックで拡大表示)


上図のように自分を囲って隔ててしまえば、隙間からの斜角攻撃が当たる故。これに欠かせないのがリーチの長い武器、長剣や大鎌など。



(画像クリックで拡大表示)


パンプキンムーンメダルを用いて、更にパンプキンムーンイベントを発生。
パンプキンムーンのモンスターは海賊以上に強敵である。



(画像クリックで拡大表示)


斜角の法則なら氷のカマはブロックをも貫通するため、これまたノーダメでお茶の子さいさい。
とか思ってた、このときまでは。



(画像クリックで拡大表示)


左側にも敵が密集するため、鎌で一掃。
モンスターはバカの一つ覚えに真っ直ぐこちらを目掛けて来るため、ハメ無しでもお茶の子さいさい。



(画像クリックで拡大表示)


まいうー。
コインが貯まる一方である。



(画像クリックで拡大表示)


後、モンスター対策として仕掛け罠を張った。
これなら敵が自ずから倒されていくため、コインが貯まる一方である。
中立モンスターですら無残に屠られる、実に無慈悲で凶悪な罠である。



(画像クリックで拡大表示)


ただまぁ、パンプキンムーンイベントの仕様上かなりやばい奴が現れたりする。
というより、罠が仕事しすぎるのだ。



(画像クリックで拡大表示)


こうなると巻き添えを食らったNPCたちが完膚無きまで悉く四肢バラバラにされていく。



(画像クリックで拡大表示)


この段階では太刀打ちできるはずもなく、あっさりおっ死んだ。
いや、寧ろ今となってもイビルウッドは強敵すぎる。
パンプキンムーンとフロストムーンは未だかつて攻略できた例がない。



(画像クリックで拡大表示)


右側にも仕掛け罠を設置。
ダーツとスパイクボールの数に大草原不可避。
こりゃモンスターどころか自分達すら危ないのでは…?
これを設置してるとき、二回ほど死んだが深く気にしてはいけない。
早速、パンプキンムーン中に稼動試験。



(画像クリックで拡大表示)


エグすぎて大草原不可避。
Waveが見る見るうちに上がっていく。






(画像クリックで拡大表示)





関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 PCゲー 洋ゲー テラリア Terraria

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します