テラリア SS集3

カテゴリ: テラリア
 2015//28
  •  0
  •  -
テラリアの本質はハードモードに突入してから露になるものである。
ハードモードに突入するには、ノーマルモードの時点で最強とされるウォールオブフレッシュ(通称、肉の壁)を倒す事が絶対条件となっている。
当時のSSは撮ってないが、たかし君と二人で挑んで10回以上にも及ぶ死闘を繰り広げ、やっとの事で倒せたが初心者殺しと呼ばれても何ら不思議はないほど、本当に苦労させられたものである。
ちなみに姿はこんなん



(画像クリックで拡大表示)


当時のSSが無い故、余所様からの転載だが、見れば見るほどグロテスクな奴よな。
肉の壁は勿論の事、最大の難所は凶悪なモンスターが闊歩する地底世界という環境にある。
一直線に足場を敷けば直下の溶岩に曝される事は少なからずないが、一番厄介なのはスポーンする雑魚モンスターの数とそのスペックである。
とくに、ファイアインプとかいう雑魚は遠距離から火炎弾を撃ってくるうえに、テレポを繰り返すものだから執拗以上にタゲられて、ストーキングされまくってストレスで禿る一方なのである。
まぁ今となってはホンマもんの雑魚ですが。当時は中々に苦戦を強いられたものである。

ほんじゃま、本題へ






(画像クリックで拡大表示)


ある日、召喚したスケルトロン・プライムにあえなくぶっ殺され、



(画像クリックで拡大表示)


いつもいつも理不尽に巻き添えを食らうNPC達のために、



(画像クリックで拡大表示)


避難所という名の隔離施設を建てたりしたものである。

だが、その本質は…



(画像クリックで拡大表示)


ボス狩りという名の宴に、万全を期するため。



(画像クリックで拡大表示)


まぁ言わすもがな、狩られたのはこっちの方だった。
このデストロイヤーとかいうボスは長さが約150ブロック分に相当してるだけあって、直上にNPC達を隔離させても何人か死んでたンゴ…



(画像クリックで拡大表示)


ある晩、初見となる日食イベントが発生した。



(画像クリックで拡大表示)


日食イベントは25分の1の確率で発生する極めてレアなイベントであり、モンスター達は格段に強いがそれに見合うアイテムドロップは喉から手が出るほどアトラクティブである。



(画像クリックで拡大表示)


前述したとおり、仕掛け罠が倒してくれるので楽チンすぎてアイテムを拾うだけの作業。



(画像クリックで拡大表示)


日食のモンスターはノーマルクラスといえども、量的にも強さ的にも地底世界のモンスターに勝るとも劣らないスペックと言っても差し支えない。



(画像クリックで拡大表示)


たかし君と二人して長きに亘ってこのイベントを待ち焦がれていたのだが、25分の1の確立だけあって数ヶ月間プレイしても3回程しか発生してくれなかった…(遠い目)



(画像クリックで拡大表示)


というのも、テラリア上最強とされる魔法剣「テラブレード」を作成するに必要な素材「おれたゆうしゃのつるぎ」が箆棒に欲しくて、発生の確立を上昇させるべく上述のとおり片っ端からボスに喧嘩を売ってたが悉く苦肉の策だった。
運いい事に、1回と2回発生してくれたおかげで「テラブレード」の素材にあたる「トゥルーエクスカリバー」と「トゥルーナイトエッジ」はゲット済みだし、この3回目で漸く完成に至る。
ちなみにその双方も「おれたゆうしゃのつるぎ 」が素材となっているため、「テラブレード」一つ作るのに実質3個必要となる。
何よりも難儀なのは「おれたゆうしゃのつるぎ」のドロップ率は0.4%と低めで、運が悪いと出ない時もある。そうなると、泣く泣く次回に持ち越しとなる。



(画像クリックで拡大表示)


案ずるより産むが易しとはこの事で、運が最大発揮されれば何の事は無かった。
本音を言えば、別格の性能を誇る「しにがみのカマ」狙いだったが、まぁ。
一先ずこれで完成した。
苦労の末に手にしたものは目星の至宝などではなく、達成感や充足感といった万感こそそれである。
頑張ってよかったと思った瞬間こそが、何よりもの至宝。



         _人人人人人人人人人人人人人人人_
        >    そうなんだ!すごいね!      <
       ´ ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
            __、、=--、、         __
           /    ・ ゙!       /・   `ヽ
           | ・   __,ノ       (_    ・ |
           ヽ、 (三,、,         _)    /
            /ー-=-i'’       (____,,,.ノ
            |__,,/          |__ゝ
             〉  )          (  )



(画像クリックで拡大表示)


更に運いい事に、Unpleasantまがまがしいのコンディション付きなのだ。
クラフトした時点でコンディションは完全ランダムで決まるし、運が悪いとマイナスなコンディションが付いてしまう事もある。



(画像クリックで拡大表示)


Unpleasantまがまがしいダメージ+5%ノックバック+15%というお世辞にも強いとは言えないコンディション。



(画像クリックで拡大表示)


ので、NPCゴブリンのよろずやで最高コンディションに君臨するLegendaryでんせつのに鍛え直した。
Legendaryでんせつのダメージ+15%攻撃速度+10%クリティカル率+5%武器サイズ+10%ノックバック+15%という破格の性能となっている。
無論、最高ランクだけあってレアといえばレア。たかし君は散財してたぐらい。



(画像クリックで拡大表示)


パンプキンイベントを発生させて、早々と試し斬り。
イビルウッドを屠れるようになった事から更にWaveが増え、その上位互換にあたるパンプキングが出現するまでに至っていた。
やはり、でんせつのテラブレード強し。



(画像クリックで拡大表示)


パンプキングとイビルウッド同時に来られると、もはや成す術もない。



(画像クリックで拡大表示)


パンプキングにイビルウッド2匹…






関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 PCゲー 洋ゲー テラリア Terraria

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します