おいおい、動く戦争博物館かよ!

カテゴリ: 動画制作
 2016//01




絶賛放送中のガンダムUCのTVシリーズにあたる、第12話「個人の戦争」をGジェネOWで再現してみた。








今回は奮発して2本。映像は一緒だが、中盤のBGMが異なる。
前者はBGMである「MOBILE ARMOR」と「MAD-NUG」はほぼフルサイズ再生だが、後者は「MOBILE ARMOR」の代わりに主題歌の「B-Bird instrumental ver」が流れ、「MAD-NUG」はCメロのみ再生という構成になっている。

再現部分はジオン残党軍のトリントン基地襲撃と迎撃する連邦のMS群、バイアラン・カスタム無双、動く戦争博物館、ロニの「哀しいね…」とバナージの「撃てません!」辺り。
中でもユニコーンとデルタプラスの連携とリディのクズっぷりは必見。
ちなみに小ネタとして、バイアラン・カスタムに0083の主人公であるウラキ少尉を搭乗させた。
小ネタなのはOVA版にてバイアラン・カスタムが初めて登場したときは、ウラキ少尉がパイロットでは?という諸説が成されていたため。まぁ結局のところ違ったが。
あと、連邦軍がティターンズのパイロットで統一させたのも小ネタの一つとなっている。

実を言えば、カスタムサントラ以外にもこういう「再現してみた」シリーズの動画も作ってたりしてるがGジェネOWのシステム上、原作ステージの少なさと一部の機体(主にMSV)が未登場であるため、中々思い通りにはいかない。
例えば原作に登場するセミ・ストライカーやイフリート・シュナイド、ガンキャノン・ディテクターなどが、GジェネOWだと未登場であるためそれらと同系統のMSと置き換える他ない。
そうすると再現度が低下するのは否めないが。
ステージは言うまでもなく、ワールドシリーズからはクロスオーバーの色が強くなった事で原作再現は一部しかないが、目玉とされるガンダムUCの原作再現はかなり凝ったものになっている。

BGMなどはカスサンではなく、原作のOSTのBGMを動画編集ソフトで挿入すれば大分それらしくなる。
ただし原曲のまま使用すると第三者コンテンツ一致で云々かんぬん。
その実、この動画は計3回に亘ってアップロードしてはブロックを喰らう度に、修正せざるを得なかった。
そこで、別のゲーム(ガンダム無双など)のアレンジされたBGMならどうかと使用してみたところ、セーフだったのが救い。
しかし今回は珍しく映像のコンテンツ一致でブロックを喰らった。
まぁアニメの映像をそのまま流したからだが、その辺は止むを得ずカット。
基準がよく分からず中々どうして難儀する。

公開自体はついこの前だが、実のところ完成とアップロードは三週間前から既に終えていた。
第12話に合わせて公開したかった事から、放送休止の差し支えもあって公開は大幅に遅れた。




再現部分を対照した画像。
上がアニメ原作の映像、下がGジェネの映像。

こうして見ると、UCの戦闘デモ一つ一つが本当に凝っているな…。





・Gジェネ動画 再生リスト




・Gジェネで原作再現してみたシリーズ










関連記事

タグ:ゲームプレイ日記 PSP SDガンダムGジェネレーションオーバーワールド SDガンダム Gジェネレーション オーバーワールド Gジェネオーバーワールド Gジェネ

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します