Play Trickster プレイ日記2

カテゴリ: Play Trickster
 2016//17




ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ





前回では太平洋の中心に浮かぶ絶海の孤島、カバリア島にて目覚めた。



大海原に囲われたそこは、ノスタルジックにさせるなんとも懐郷な場所だった。

ドン・カバリアがカバリア島を所有地としてからは、あるプロジェクトが秘密裏に進められた。
トリックスターという名のVRMMOをカバリア島全土を舞台に、巨大なテーマパークを築き上げる。
それがメガロカンパニーの会長、ドン・カバリアの一世一代の企画にして、大志であった。

こうして
莫大な資産と人材を費やし、四年という歳月を経てカバリア島はひとつのテーマパークとして誕生した。

ドン・カバリアの美学が反映され、人々は衣装として動物の恰好に扮しなければならない。
その動物の扮装によっては就ける職業が変わってくる。

だがしかし……
数種類もの動物の扮装と複数の職業をひとつ選ぶのは躊躇逡巡、進退窮まれるが──





願ったのは、小さな想いが届くこと。
信じたのは勇気の心。

手にしたのは──







“魔法の力”




ヒツジ (シープ)に扮した図書館司書は魔法の使い手。
シープは知識学に精通しており、古代魔法に関する古書から魔法の知識を得た。

この世界の魔法は五大元素に通じており、一般的には自然界の力を用いている。
その力は大地を揺らし、大気を震わせる。






この手の魔法は──











撃ち抜く力。






この手の力は──






壊すためじゃなく、守るための力。悲しみを撃ち抜く力。






















(なに書いてるんだろう…)

関連記事

タグ:オンラインゲーム エミュ鯖 海外鯖 トリックスター PlayTrickster PrivateServer

0 コメント

コメント投稿

* コメントを投稿する際の注意事項 *
コメントはこちらで確認した後に公開されます (ブロともの場合は除外)
非公開コメントは公開されず、管理人にのみ表示されます
差別表現、誹謗中傷、犯罪予告、個人情報などのコメントは一切禁止です
上記に当てはまる表現が含まれるコメントは投稿できません
スパム防止のため『http』と『英数字』のみのコメントをNGにしています
URLを貼るときは『ttp』でお願いします
名前欄が無記入の場合、名前は『とある名無し』となります
投稿したコメントを編集するにはパスワードの記入が必要です
また、パスワードは投稿者のIDとして機能します